神戸市-KOBE-


新しい音楽シリーズ企画“STATION”始まる!

記者資料提供(平成29年11月22日)
公益財団法人 神戸市民文化振興財団 神戸アートビレッジセンター (竹下・大泉)
E-mail : ooizumi@kavc.or.jp  Web http://www.kavc.or.jp/
TEL:078-512-5500

神戸アートビレッジセンター(KAVC)

新しい音楽シリーズ企画“STATION”始まる!

神戸アートビレッジセンターでは、今年度より新たに取り組む音楽シリーズ企画として“STATION”をスタートいたします。
第一弾は、神戸を拠点に独自の音楽をつくり出す、知的障害のある人たちを含むアーティスト大集団「音遊びの会」と、関西ゼロ世代の代表格、昨年再結成を果たした二人組のギターロックバンド「あふりらんぽ」の共演をお届けします。
両者の音楽が重なり合うことで生まれる、想像を越える音楽体験をどうぞお楽しみ下さい。

◆開催趣旨◆

 公共ホールの役割が時代とともに変化している昨今、神戸アートビレッジセンターでは、様々なジャンルの音楽にどのように向き合っていくかを、アーティストとともに考えていく「場」として、今年度より新たに音楽シリーズに取り組みます。
「STATION(ステーション)」という名称は、それぞれ行き先の違う電車が発着し、どこかへ向かう電車を待っている人、いずれ来る誰かを待っている人が集まる駅のように、アーティストやリスナーが集まって、自由に考え、出会い、またどこかへ出発する場所になることを願って名付けました。
 若手芸術家の育成、支援という神戸アートビレッジセンターのコンセプトを軸に、アーティストとともに考え、作り出す場を、公演だけではなくワークショップやトークイベントなど様々な形態で企画・実施することによって、芸術文化の発展に寄与することを目的とし、あわせて、音楽を通じて芸術文化に身近に親しむ機会を広く市民の皆さまへ提供していきます。

◆企画名◆

「KAVC Music Line “STATION”」

◆公演名◆

vol.1 「あふりらんぽ と 音遊びの会」

◆日時◆

2018年 1月8日(月曜・祝)14時30分開演

◆会場◆

神戸アートビレッジセンター 2F KAVCホール
(神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号)

◆料金◆

前売2000円、当日2500円、学生/KAVC会員1500円
※介助者、小学生以下無料

◆参加アーティスト◆

あふりらんぽ 、音遊びの会

◆主催◆

音遊びの会

◆共催◆

神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)

◆ アーティストプロフィール◆

【あふりらんぽ 】
2002年に大阪で結成 。ONI / オニ(Vo, G)とPIKA / ピカ(Vo, Dr)の2人からなるギターロックバンド。原始的なサウンドを取り入れた音楽性と衝撃的なパフォーマンスが国内外で話題に。2003年に1stアルバム「A」、2005年にKi/oon Recordsからアルバム「URUSA IN JAPAN」をリリース。2010年に解散を発表。2011年には解散ライブを収録したCD+DVD「NEVER ENDING AFRIRAMPO」をKi/oon Recordsよりリリース。解散から6年経て再始動。Web:http://afrirampo.net/

【音遊びの会】
2005年結成、知的障害のある人たちを含むアーティスト大集団。神戸をベースに、月2回の継続したワークショップで様々な表現を生み出している。関西を中心に東京、水戸、島根、山口、北海道、イギリスなど遠征公演も多数。2013年には英国ツアーの様子がNHKで特集される。予定調和を許さないその音楽性は、見る者を釘付けにする。Web:otoasobi.main.jp