神戸市-KOBE-


宮崎県−神戸市 包括連携協定締結記念事業 「ワクワクどきどき船のたび」を実施します

150

記者資料提供(平成29年11月20日)
みなと総局みなと振興部振興課 小野・堀
TEL:322-5674(直通) 内線5422

宮崎県−神戸市 包括連携協定締結記念事業 「ワクワクどきどき船のたび」を実施します

1.事業名

「ワクワク どきどき 船のたび」

2.事業概要

 平成29年9月に、宮崎県と神戸市は、みなとがつなぐモノと人の交流促進、農畜産物など地域資源を活かした産業の活性化、防災等に関する相互連携の3分野において、包括連携協定を締結しました。この取組みの一環として、本年は神戸市立魚崎小学校の子供たちが宮崎県日南市を訪問し、同市の小学生と交流活動を実施します。

(1)実施日
  平成29年11月24日(金曜)〜26日(日曜)
(2)対象
  神戸市立魚崎小学校 5,6年生
(3)参加人数
  約80名
(4)参加費用
  1人3,000円
(5)内容等
  11月24日(金):神戸三宮フェリーターミナル 19時10分出航、船中泊
  11月25日(土):宮崎港フェリーターミナル   8時40分着 〜 飫肥城見学(小村記念館、松尾の丸、歴史資料館) 〜 飫肥小学校(歓迎セレモニー、 交流会、昼食)〜 鵜戸神宮 〜 サンメッセ日南 〜 宮崎港フェリーターミナル 19時10分発、船中泊
  11月26日(日):神戸三宮フェリーターミナル 7時30分着 〜 解散式

3.主催等

(1)主催:宮崎カーフェリー株式会社、株式会社マリンエージェンシー
(2)共催:宮崎県、神戸市、日南市教育委員会、東灘地区青少年育成協議会 魚崎支部

4.これまでの取組み

(1)経緯
1)阪神・淡路大震災
 平成7年1月、神戸市は阪神・淡路大震災により未曽有の被害を受けました。当時、(株)マリンエキスプレス(現:宮崎カーフェリー(株))の神戸〜宮崎(日向)航路が就航していた「東神戸フェリーセンター」(東灘区青木)も被災しました。
2)平成8年招待旅行の実施
 震災後、神戸〜宮崎(日向)航路を再開した同社は、平成8年7月19日〜21日の間、被災した神戸市立魚崎小学校・福池小学校の子どもたち200人を日向市の協力のもと、船旅に招待しました。子どもたちは、船旅を経験し、日向市では地引網体験や、地元の祭り見学など地元の方たちや自然とのふれあいを楽しみました。旅行当初は表情が硬かった子どもたちでしたが、宮崎を離れるころには元気を取り戻していました。
 その後、神戸〜宮崎(日向)航路は、平成10年6月に休止しましたが、平成26年10月、新港第3突堤「神戸三宮フェリーターミナル」の整備を機に神戸に戻ってきました。
(2)神戸航路就航1周年記念事業の実施
 震災から20年を機に、平成27年10月に宮崎カーフェリー(株)は神戸航路就航1周年記念事業として前回と同様、神戸市立魚崎小学校・福池小学校の子どもたちを宮崎県日向市へ招待しました。平成8年に参加した児童(当時:小学6年生)も参加し、防災の大切さを伝えました。船内では震災教育を実施、日向市では現地小学生との交流事業を行ないました。
 また、昨年度はこれまでの感謝の気持ちを込めて、日向市の小学校の子どもたちを神戸市へ招待しました。日向市の小学生には、震災教育を通じて、阪神・淡路大震災の経験や教訓、防災・減災の考え方、人とのつながりの大切さについて学んでいただき、神戸市の小学生との交流やだんじり曳き体験等、神戸の文化にも触れていただきました。
   

5.お問い合わせ先

◆宮崎カーフェリー株式会社 清水
  電話番号:078-321-3535
◆神戸市みなと総局みなと振興部振興課 小野・堀
  電話番号:078-322-5674