神戸市-KOBE-


神戸高専の「ロボット」分野での取り組み!

記者資料提供(平成29年11月17日)
神戸市立工業高等専門学校
担当:中野・清水
TEL:078-795-3203
E-MAIL:office-s@kobe-kosen.ac.jp

これぞ神戸の人材育成!

神戸高専の「ロボット」分野での取り組み!

1.趣旨

 神戸市立工業高等専門学校では、次世代の基幹産業として今後の成長が見込まれる「ロボット分野」について、「ロボット好きの子供たちをロボットの専門家に育成する」というコンセプトのもと、これまで行ってきた「ロボット研究」、各種ロボットコンテストへの参加などの「課外活動」、更には今年度からスタートした「成長産業技術者教育プログラム」の一つである「ロボット教育特別講座」の3本を柱に積極的な取り組みを進めています。
 この11月末〜12月には、全国高等専門学校ロボットコンテスト2017など、全国規模の3つの大きなイベントが開催されます。本校の学生・教員が一丸となって打ち込んできた研究の集大成・成果を披露できる絶好の機会と考えています。

2.概要

(1)アイデア対決「全国高等専門学校ロボットコンテスト2017」

・日時 平成29年12月3日(日曜)
・場所 有明コロシアム
・内容 
 昭和63年に始まって以来、発想力と想像力を合言葉に毎年魅力的なロボットが生まれている大会です。全国の高等専門学校から124チームが地区大会に参加し、そこで選ばれた26チームが全国大会にコマを進めます。
 本校の2チームは、強豪ひしめく近畿大会でベスト4に進出、1チームが準優勝、もう1チームが技術賞を獲得し、審査員推薦により技術賞を獲得したチームが全国大会への切符を獲得しました。本年度は30周年記念大会であり、全国大会の熱戦の模様がNHKで全国生放送される予定です。

(2)2017国際ロボット展

・日時 平成29年11月29日(水曜)〜12月2日(土曜)
・場所 東京ビッグサイト
・内容 
 テーマは、人とロボットが共存・協働することでより優しい社会となることを願い、「ロボット革命がはじまったーそして人に優しい社会へ」。会期中は国内・海外の最新ロボット技術・製品と共に、AI、ビッグデータ、ネットワーク関連など次世代技術が幅広く出展されます。
 本校からは、韓国LG社ビルを120m登った実績を持つ、「万能真空吸着グリッパ」、「スパイダーマンスーツ」を実演する予定です。

(3)第2回廃炉創造ロボコン

・日時 平成29年12月16日(土曜)
・場所 日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター(福島県)
・内容 
 文部科学省の国家課題対応型研究開発推進事業 廃止措置研究・人材育成等強化プログラムの一環として実施され、廃炉そのものをプロジェクトの題材とし、全国から選抜された16チームが様々な課題を解決するための技術を競い合います。
 本校のチーム「神戸GDAの集い」は、原子炉の内部を模した建屋の中で、3台のロボットが協力して5Kgの荷物を斜度41度の階段を上り1階から2階へ運び上げて戻ってくるというタスクに挑戦します。

(参考)神戸高専のロボット分野での取り組み

(参考)神戸高専のロボット分野での取り組み