神戸市-KOBE-


第1回 神戸海洋産業セミナーの参加者を募集します

記者資料提供(平成29年11月17日)
公益財団法人 神戸市産業振興財団 創業・新事業支援部 黒子、川崎
TEL:078-360-3202
Eメール:kobe-sogyo-shinjigyo@kobe-ipc.or.jp

第1回 神戸海洋産業セミナーの参加者を募集します

150年前の開港以来、海と深く関わりながら発展してきた神戸には、今後の成長が期待される海洋産業分野について、優れた技術を持つ多数の企業をはじめ、海洋関連の研究機関や、海洋の科学技術をテーマとした国際コンベンション「テクノオーシャン」によって長年培われたネットワークなど、独自のポテンシャルがあります。

この度、「テクノオーシャン」を主催するテクノオーシャン・ネットワークと、神戸海洋産業勉強会の活動を支援する公益財団法人神戸市産業振興財団は、市内中小企業の海洋産業への参入の契機となるよう、神戸海洋産業セミナーを開催いたします。本セミナーは、今後年に数回の開催を予定しています。

第1回目は、一般社団法人海洋産業研究会の中原裕幸氏と、タキオニッシュホールディングス株式会社の小梨昭一郎氏をお招きし、海洋産業の現状と課題、今後中小企業に期待される役割等をテーマに講演を行います。
セミナーの後には交流会もございますので、神戸市内で海洋産業に携わっている事業者様、海洋産業にご関心のある皆様は、ぜひご参加ください。

1.内容

(1) 開催概要
日程:平成29年12月18日(月曜)
時間:16時〜19時
場所:神戸市産業振興センター10階 レセプションルーム
対象:神戸市内で海洋産業に携わっている事業者、海洋産業に関心のある方
参加費:無料(ただし、交流会に参加する場合は500円)
定員:30名
応募方法:チラシ裏面の申込用紙にご記入の上、FAXもしくはEメールにてお申込みください。電話でのお申込みも受け付けています。
※ 定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

(2) プログラム
・第1部(16時〜17時)
「我が国の海洋産業:現状と課題、そして今後期待される分野を探る」
講師:中原 裕幸氏(一般社団法人海洋産業研究会 常務理事)
内容:国内の海洋産業団体を代表する海洋産業研究会で、40年以上にわたって国内外の海洋産業の動向調査や新規プロジェクト発掘等の業務に従事してきた同氏の豊富な経験から、日本の海洋産業を取り巻く現状と課題、そしてこれから期待される分野について講演します。

・第2部(17時10分〜17時50分)
「海洋計測機器の開発と神戸という地の利について」
講師:小梨 昭一郎氏(タキオニッシュホールディングス株式会社 神戸事務所長)
内容:45年にわたって海洋計測機器の開発と普及に携わってきた経験と実績を基に、具体的な開発事例を紹介しながら、今後成長が期待される海洋産業への参入を目指す中小製造企業やベンチャー企業にとっての「ヒント」や「ヒラメキ」の一助となるような話題を提供します。

・交流会(18時〜19時)
  講演終了後、同会場にて交流会を開催します。ぜひお気軽にご参加ください。

その他詳細、申込内容などは添付の案内チラシをご覧ください。

2.お問い合わせ

公益財団法人 神戸市産業振興財団
創業・新事業支援部 新事業創造課
TEL:078-360-3202  Eメール:kobe-sogyo-shinjigyo@kobe-ipc.or.jp

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。