神戸市-KOBE-


「KOBEエコタウン・オリーブプロジェクト」オリーブdeアクセサリーづくり及び大阪ガス・神戸女子短期大学と連携したオリーブdeクッキングの開催

記者資料提供(平成29年11月16日)
環境局環境保全部地域環境課 横山・南部
TEL:078-322-6943 (直通) 内線3611
chiikikankyo@office.city.kobe.lg.jp

「KOBEエコタウン・オリーブプロジェクト」オリーブdeアクセサリーづくり及び大阪ガス・神戸女子短期大学と連携したオリーブdeクッキングの開催

 環境局では、地域ぐるみで環境にやさしいまちづくりに取り組む「エコタウンまちづくり」事業を推進しており、若い世代の参加促進や活動の活性化を図るため「KOBEエコタウン・オリーブプロジェクト」を展開しています。
 このプロジェクトは、日本最初の国営オリーブ園が設立された神戸北野を拠点とする「インターナショナル オリーブアカデミー神戸」と連携し、オリーブによるまちの緑化とオリーブの実を活用した地域の活動を支援していくものです。
 このたび、プロジェクト活動の一環として、一般の方を対象とした「オリーブdeアクセサリーづくり」をふたば学舎(長田区)主催の「まちの文化祭」にて実施します。
 また、エコタウン取組団体を対象に、大阪ガス(株)・神戸女子短期大学と連携した「オリーブdeクッキング」を実施しますので、あわせてお知らせします。

【オリーブdeアクセサリーづくりについて】

ふたば学舎(長田区)主催の「まちの文化祭」にて、子供でも簡単に楽しめるオリーブの枝葉を活用したアクセサリーづくりを実施します。
○「オリーブブース」プログラム
・オリーブで“冠づくり”
・オリーブで“しおりづくり”
・オリーブに関するパネル展示
※「環境・防災ブース」も同時開催します。
・環境と防災の繋がりについて学べる紙芝居「ももたろうエピソード4」
(提供:NPO法人プラス・アーツ)
・災害時に活躍する畳についての紙芝居「しかくくなっちゃったよ。」
(提供:前田畳製作所)
・お菓子でつくる「防災ポシェット」づくり体験
(提供:アースパルKOBE 講師:一般社団法人「おいしい防災塾」)
○日時:平成29年11月26日(日曜)午前10時〜午後4時
○場所:ふたば学舎2階エコエコひろば(神戸市長田区二葉町7丁目1-18)
○申込等:申込不要、参加費無料

【オリーブdeクッキングについて】

 大阪ガス(株)と連携し、同社クッキングスクール神戸においてオリーブの実や(株)J-オイルミルズ提供のオリーブオイルを使った調理実習を実施します。あわせて、神戸女子短期大学食物栄養学科の教授による、オリーブの栄養や効用についてのミニ講義も行います。
 ○日時:平成29年12月10日(日曜)午前10時30分〜午後1時
 ○場所:大阪ガス・クッキングスクール神戸
(神戸市中央区東川崎町1丁目2-2ハウジングデザインセンター神戸2階)
 ○参加対象者:エコタウン取組団体

◆「エコタウンまちづくり」について

地域の住民が主体となって、地域ぐるみで環境にやさしいまちづくりに取り組み、1人でも多くの市民が環境のことについて「気づき、考え、行動する」ことができるようにしていくことを目的として、「エコタウンまちづくり」事業を推進しています。

◆「KOBEエコタウン・オリーブプロジェクト」について

「エコタウンまちづくり」活動への若い世代の参加促進と活性化を図るため、「インターナショナル オリーブアカデミー神戸」と連携し、中西テツ神戸大学名誉教授をアドバイザーとして、オリーブによるまちの緑化・美化、オリーブを活用したまちづくり活動を推進します。
○エコタウン団体のオリーブ植樹による、まちの緑化・美化
○エコタウン団体のオリーブを活用したまちづくりのサポート
<なぜオリーブ?>
・神戸とのゆかりが深く、おしゃれなイメージがある。
・神戸の気候風土に適しており、手入れが比較的簡単。
・幅広い世代に関心が高いオリーブを活用することにより、若い世代の参加が期待できる。
・実の収穫やオイルの搾油等を通じて、地域コミュニティの活性化を図ることができる。