神戸市-KOBE-


世界銀行 途上国の政府関係者等のためのワークショップ「土地管理の向上と近代化」の開催について

記者資料提供(平成29年11月10日)
市長室 国際部 国際課 岡田、仲宗根
TEL:078-322-6268  内線3948
kokusai@office.city.kobe.lg.jp 
世界銀行 東京開発 ラーニングセンター(TDLC)
田中、岡澤 TEL:03-3597-1316
mtanaka1@worldbank.org  

世界銀行 途上国の政府関係者等のためのワークショップ「土地管理の向上と近代化」の開催について

 平成29年11月1日に締結した世界銀行と神戸市の覚書に基づき、世界銀行が、開発途上国の中央・地方政府行政官等の実務者を招集し、神戸市でワークショップ形式での実務者研修を実施することとなりました。
 この度は、「土地管理の向上と近代化」をテーマとし、神戸市におけるICTを活用した都市計画や農村振興等、土地利用に関するワークショップを神戸市内で開催します。途上国の実務者が本分野に関する日本及び神戸市のアプローチについて、深く理解することを目標とし、神戸市職員等によるパネルディスカッションや現場視察を実施します。

1 神戸市研修期間

平成29年11月15日(水曜)午前 〜 11月16日(木曜)夕方

2 参加予定国

アフリカ(リベリア、マダガスカル、モザンビーク)、南米(コロンビア、ペルー)、MENA(パレスチナ、レバノン)、東欧・中央アジア(クロアチア、ポーランド)、東南アジア(ラオス、ミャンマー、インドネシア)、南アジア(アフガニスタン、インド)の中央・地方政府行政官及び世界銀行融資案件担当者 約50名

3 スケジュール等 (予定は変更になる場合があります) 

11月15日(水曜)  
9時30分〜10時30分   セッション1: 自治体から見た土地管理 「効率的な地籍、固定資産税の管理」
10時50分〜11時50分   セッション2: 自治体から見た土地管理 「統合的な土地管理の向上と現代化」
14時〜16時         神戸市湊川地区、震災情報アプリを体験しながら視察

11月16日(木曜)  
9時〜10時         視察の事前説明: 自治体から見た土地管理「市街地調整区域の土地利用」
10時〜13時        神戸市北区淡河宿本陣跡及び西区伊川谷町前開地区等を巡り、空き家を活用した地域の拠点づくりや区画整理区域等を視察
    
※視察以外の会場はホテルサンルートソプラ神戸
※両日とも基本的には取材可能です。事前にご連絡ください。

【参考】全体スケジュール

■実施団体:世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
■期間:平成29年11月13日〜11月17日 東京、神戸
■日程:
11月13日(月曜)東京にて講義及びグループワーク等
14日(火曜)東京にて講義及びグループワーク等。夕刻 東京→神戸 
15日(水曜)神戸市にて講義及びグループワーク等 及び市内視察
16日(木曜)午前中神戸市内視察、午後参加者行動計画作成。夕刻神戸→東京
17日(金曜)東京にて参加者行動計画発表