神戸市-KOBE-


資源集団回収活動の対策調査の結果について

記者資料提供(平成29年11月7日)
環境局環境政策部資源循環政策課 橋本・久富木 
TEL:078-322-5344 (内線3525)
E-mail:3r@office.city.kobe.lg.jp

資源集団回収活動の対策調査の結果について

 市民・地域団体主体による古紙等のリサイクル活動である資源集団回収活動は、市内で約2,700団体が取り組まれています。
 近年、全国的なペーパーレス化を受け、資源集団回収量は平成21年度をピークに減少傾向にあるものの、一方で本市の燃えるごみの中には資源となる紙が約18%含まれています。
 そこで、燃えるごみの減量と資源集団回収量の増加を図る対策を検討するため、活動団体等を対象とした調査を行いました。
 このたび、その結果がまとまりましたのでお知らせします。

1.調査期間

平成29年5月23日から9月29日まで

2.調査概要

(1)団体への事前アンケート調査(郵送による)
   期間:平成29年6月24日〜7月14日
   発送数:1,618通
   回収数:1,148通(回収率71.0%)
   調査内容:回収方法・状況、回収促進のための工夫等
(2)フィールドーク調査(訪問及び電話による聞き取り等)
   期間:平成29年9月7日〜9月22日 
   対象団体:47団体
   回収業者:10社
   調査内容:回収量増につながる取組、課題等

3.調査結果の概要

別紙のとおり

4.調査結果を踏まえた本市の今後の取組の方向

・地域や団体内で資源集団回収活動の事前周知、事後報告を行っていただくための支援を進めます。
・資源集団回収に、高齢者をはじめとする市民が、より出しやすくなる環境づくりを進めます。
・資源集団回収未実施地域の解消を進めます。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。