神戸市-KOBE-


津波警報等発表時の防潮鉄扉閉鎖訓練の実施について

記者資料提供(平成29年11月6日)
みなと総局技術部海岸防災課 西森・青位
TEL:078-322-5669(直通) 内線:5551
E-mail:coast@office.city.kobe.lg.jp

津波警報等発表時の防潮鉄扉閉鎖訓練の実施について

◆趣旨◆

 勤務時間外(休日、夜間)に兵庫県瀬戸内海沿岸地域に津波警報等が発表された時は、みなと総局職員、警備会社、防災福祉コミュニティ等がそれぞれ出動し、市からの指示・連絡を待つことなく、直ちに津波浸水想定地域内の防潮鉄扉等の閉鎖活動を行う体制を構築しています。
 11月5日「世界津波の日」の前後の日程で、各地で津波からの避難を想定した訓練が実施されています。本市においても、休日の津波発生を想定した、みなと総局職員による防潮鉄扉等の実践的な閉鎖訓練を実施し、より一層の防災体制の強化を図ります。
 

◆実施期間◆

平成29年11月7日(火曜)から11月10日(金曜)まで
 

◆実施場所◆

神戸港内の防潮鉄扉等
 

◆防潮鉄扉について◆

 津波や高潮から市街地を防護する防潮施設の一部で、人や車両等の通行のために、開口部に設置される扉のことです。

(防潮鉄扉の設置例)

防潮鉄扉の設置例
 
 

◆その他◆

 報道関係者への公開は、下記の日時、場所にて行います。取材を希望される報道関係者は、事前に、みなと総局技術部海岸防災課までご連絡のうえ、当日、現地にご参集ください。なお、取材の際は、必ず自社の腕章を着用するとともに、現場担当者の指示に従ってください。
 
・日時:平成29年11月10日(金曜)午前9時30分より
・場所:京橋ポンプ場北側の防潮鉄扉KG-8、KG-9(神戸市中央区新港町)