神戸市-KOBE-


「オリエンタルホテル」との帰宅困難者の一時滞在施設に関する利用協定の締結

記者資料提供(平成29年11月1日)
危機管理室  清水・橋本
TEL:078-322-6236 内線2927
中央区役所総務部総務課 山上・後藤 
TEL:078-232-4424 内線:913-206
E-MAIL:yamaue@office.city.kobe.lg.jp

「オリエンタルホテル」との帰宅困難者の一時滞在施設に関する利用協定の締結

 大規模な地震等の災害が発生し、公共交通機関が途絶すれば、三宮駅周辺地域においては、多数の帰宅困難者の発生が見込まれます。
そこで、神戸市では、中央区における帰宅困難者を収容するための一時滞在施設としての利用について、株式会社Plan・Do・See(オリエンタルホテル)と協定を締結することといたしました。市内のホテルでは初めての協定です。

1.締結日
平成29年11月1日(水曜)

2.協定内容
(1)災害時に、神戸市中央区長からの要請に基づき一時滞在施設を開設。
(2)一時滞在施設の利用に係る費用は、無料。
(3)収容場所は、「オリエンタルホテル」内の主に宴会場で、帰宅困難者は施設内のトイレや水道などが利用できる。
(4)一時滞在施設では防災行政無線を設置し、情報収集に努めるとともに、帰宅困難者に対して、災害情報・交通情報を提供する。
(5)一時滞在施設・市は、水・毛布・簡易食料の備蓄に努める。

3.その他
神戸市における帰宅困難者のための一時滞在施設の協定は、8箇所目の締結となります。