神戸市-KOBE-


”須磨海浜水族園”「ご利益あるかも!?ありがたい姿のホテイウオ」−ダンゴウオ日本一を目指して成長中!!−

記者資料提供(平成29年11月1日)
神戸市立須磨海浜水族園 担当:加茂、寺園
TEL:078-731-7301/5020 FAX:078-733-6333
URL:http://sumasui.jp/

”須磨海浜水族園”「ご利益あるかも!?ありがたい姿のホテイウオ」−ダンゴウオ日本一を目指して成長中!!−

 須磨海浜水族園では、「ホテイウオ」の子どもを期間限定で展示します。
 ホテイウオは全長40センチメートルになるダンゴウオの仲間としては日本最大の種類です。今回展示する個体は、今年の4月に北海道から搬入したもので、その時の大きさは1センチメートル未満でした。その後、バックヤードで大切に飼育し、展示できる大きさまで成長したため、満を持しての展示デビューとなりました!現在は5センチメートルほどで、大人になるまでに約3年かかるといわれており、ダンゴウオ日本一の大きさを目指して日々成長中です。本展示で、今しか見られないかわいい姿をぜひ、見ていただければと思います。また、名前はその姿形が七福神の「布袋尊(ほていそん)」に似ていることから名付けられたため、拝めばご利益があるかも!?そんなホテイウオをご覧に、ぜひ当園にお越しください!

1.展示生物

 ホテイウオ 学名 Aptocyclus ventricosus
 分類 スズキ目ダンゴウオ科ホテイウオ属

2.展示個体数

 約20匹(全長約5センチメートル)

3.展示期間

 平成29年11月2日(木曜)〜11月30日(木曜)

4.展示場所

 本館2階 クラゲコーナー横

5.その他:ホテイウオについて

 神奈川県以北、オホーツク海、北太平洋北部の水深100〜200メートルに生息します。他のダンゴウオの仲間と同様に、お腹に吸盤があり、岩などにくっつくことができます。他のダンゴウオと違い、2つある背びれの内、前の方にある背びれが皮膚の下に埋まっていて見えないことが特徴です。

ホテイウオ(幼魚)
ホテイウオ(幼魚)

ホテイウオ(成魚)
ホテイウオ(成魚)

※生物の状態により、予告なく展示を中止、展示期間を変更する場合がございます。

須磨海浜水族園