神戸市-KOBE-


女性視点とデータを通じて魅力発信するマッピングワークショップを開催

記者資料提供(平成29年10月5日)
神戸市企画調整局創造都市推進部ICT創造担当 松崎・長井
TEL:078-322-6462(内線2365) FAX:078-322-6051

アシックス×神戸市ランニングコース周辺をまち歩き

女性視点とデータを通じて魅力発信するマッピングワークショップを開催

 神戸市では、オープンデータポータルサイト「Open Data Kobe」で、二次利用が可能なさまざまなオープンデータを公開しています。これらをさらに活用していただけるものとするため、産学官連携による新たなオープンデータづくりを進めています。
 今回は、神戸市内の女子学生・女性企業社員・女性職員を対象にした市民・職員向けデータアカデミー(研修)の一環として、既存の「アシックス×神戸市 おすすめランニングコース」周辺のスポットをまち歩きしながら、女性の視点で観光客におススメできる情報を収集し、地図上にデータを落とし込んだ形でのオープンデータ化を目指します。
 特に、海外観光客にとってスタンダードなランニングというアクティビティと掛け合わせることによって、これまでにない観点での神戸の魅力発信につなげることが狙いです。
 オープンデータについての基本的な知識や実際のデータ作りを学び、ワークショップを通じて、女性視点での「若者に選ばれるまち」について考えます。

1.女性の視点で観光客におススメできるオープンデータづくり

 「アシックス×神戸市 おすすめランニングコース」周辺の建物、施設、飲食店などに対して、女性の視点からの感性・感情を取り入れたハッシュタグを紐付けし、ランニングコース周辺の地図上に落とし込んだ形で公開することなどにより、新たな神戸の魅力の発見とPRにつなげる方法を探ります。
 
※イメージ図

イメージ図

2.研修内容

タイトル:アシックス×神戸市ランニングコース マッピングワークショップ
日時:平成29年10月10日(火曜)13時〜17時
場所:デザイン・クリエイティブセンター神戸「KIITO」303会議室
  (兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
参加者:市内大学に在学中の女子学生
    採用後10年未満の女性企業社員及び女性神戸市職員 計約20名
内容: 第1部 オープンデータについての基本的な知識について学ぶ
        アシックスよりランニングに関する講義
    第2部 班に分かれてランニングコース周辺をまち歩き、マッピング
        (まち歩きコース:KIITO→東遊園地→神戸市立博物館→メリケンパーク)
    第3部 発表資料作成、マッピング結果発表

3.今後について

 ワークショップを通じ、女子学生・女性企業社員にはオープンデータを身近に感じてもらい、利用機会や関連する取組みへの参加の増加を図ります。女性職員にはここで学んだオープンデータ活用・推進の考え方を今後の業務につなげてもらいます。
 また、今回収集・作成されたデータをオープンデータとして公開できないかを検討するとともに、データの活用事例として、株式会社フェイスクリエイツのご協力により、モバイルスタンプラリーを誰でも簡単につくれるサービス「RALLY」を活用したスタンプラリーを制作予定です。