神戸市-KOBE-


ネパールパラリンピック水泳連盟と基本合意

記者資料提供(平成29年10月4日)
教育委員会事務局スポーツ体育課 国際スポーツ室 山田、上山、小泉
TEL:078-322-6995 内線:6473 FAX:078-322-6149

ネパールパラリンピック水泳連盟と基本合意

〜東京2020オリンピック・パラリンピックの事前合宿〜

 本市は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける、各国の事前合宿誘致活動や交流事業に積極的に取り組んでいます。
 この度、東京2020パラリンピックにおける神戸市での事前合宿実施について、ネパールパラリンピック水泳連盟と合意に至りましたので、お知らせします。
 2015年の地震による甚大な被害からの復興途上にあるネパールに対し、同じ地震被災地である本市は、スポーツ分野における復興支援として合宿の受入れを行い、東京2020パラリンピック出場に向けたサポートを続けてまいります。

○合意内容

1.事前合宿の実施

2020年(平成32年)に東京パラリンピックにおける事前合宿を神戸市で実施する。また、2020年まで毎年継続して神戸市でトレーニング合宿を行う。

2.練習施設

しあわせの村 温水プール

3.交流事業の実施

合宿期間中、ネパールパラ水泳チームと神戸市は協力して、青少年交流事業や地域交流事業を実施する。

(参考)経緯と今後のスケジュール

・平成28年12月2日〜7日、外務省・スポーツ庁が中心となって運営している『スポーツ・フォー・トゥモロー』の枠組みを活用し、神戸市・こうべ市民福祉振興協会・日本身体障がい者水泳連盟が連携して、ネパールパラ水泳選手・スタッフの合宿をしあわせの村で受入れ。
 ・平成29年9月、ネパールパラリンピック水泳連盟会長と調整を行った結果、神戸市とネパールパラリンピック水泳連盟が、東京2020パラリンピックにおける神戸市での事前合宿実施について合意。
 ・平成29年12月、神戸市・神戸市社会福祉協議会・こうべ市民福祉振興協会・日本身体障がい者水泳連盟が連携して、ネパールパラ水泳チームの合宿をしあわせの村で受入れ予定。