神戸市-KOBE-


魚屋さんの「お魚出前授業&特別給食」

流通ロゴマーク

記者資料提供(平成29年10月4日)
神戸流通活性化推進事業実行委員会
事務局:経済観光局経済部商業流通課
 古泉・中村 TEL:078-322-5336 内線3881
経済観光局中央卸売市場運営本部経営課
 中尾・前田 TEL:078-322-6939 内線3771

「神戸ととの日」プロジェクト!

魚屋さんの「お魚出前授業&特別給食」

 昨年に引き続き、今年も「神戸ととの日」プロジェクトの特別企画として、地域の魚屋と中央卸売市場の仲卸が講師となって、子どもたちに「おいしい魚」を身近に感じてもらう、魚屋さんの「お魚出前授業&特別給食」を実施します。
 今回は、魚屋が授業の中で職人技の包丁捌きを実演!特別給食で食べるぶりが、どのようにして切り身になるのか、子どもたちに披露します。
 また、「神戸ととの日」プロジェクトでは、毎月10日を「神戸ととの日」とし、魚屋がプロの目利きで選んだ旬の魚を「ととの日」限定の特別価格で販売するなど、魚の専門店である魚屋の良さと、新鮮な旬の魚のおいしさを知ってもらう取組みを行っています。個性豊かな魚屋の店主それぞれが、自信を持って店頭に並べるこだわりの魚をぜひ、ご堪能ください!

1.魚屋さんの「お魚出前授業&特別給食」

出前授業の様子の写真魚食普及の取り組みとして、小売と仲卸が中心となって考えた「魚の魅力」や「流通の仕組み」を伝える「お魚出前授業」と「特別給食」を下記のとおり実施します。(右の写真は昨年度の出前授業の様子)

(1)実施日及び実施校
○平成29年10月6日(金曜)
  神戸市立丸山ひばり小学校
○平成29年10月11日(水曜)
  神戸市立上筒井小学校

(2)目的
○「魚の美味しさ」を届けるために、漁から市場そして店舗に並び食卓に上がるまで夜中から朝方にかけて様々な人の手によって流通が支えられていることを子どもたちに伝え、流通の大切さについて理解を深めてもらう。
○家庭で魚料理に親しむ機会が少なくなっている子どもたちに、特別給食でおいしい魚料理を体験してもらい、魚食への興味をもってもらう。
○毎月10日を「神戸ととの日」とする魚食普及の取り組みを紹介し、日常生活において魚屋に足を運んでもらうきっかけをつくる。

(3)授業の内容
産地から中央卸売市場までの流通を解説したオリジナル動画の視聴、ぶりの解体の実演、子どもたちからの魚屋への質問タイムなど魚屋との対話を軸に子どもたちに「魚の魅力」を伝える。

特別給食の写真(4)出前授業講師
市内の魚屋、中央卸売市場で流通にかかわっている仲卸の方々

(5)特別給食
学校関係者と調理した企画メニュー 
「特製!ぶりの照り焼き」

※「お魚出前授業&特別給食」の取材をご希望の場合は、事前に事務局までご連絡ください。
 (出前授業当日の取材は、丸山ひばり小学校のみ可)

2.事務局

神戸流通活性化推進事業実行委員会
 事務局 神戸市小売市場連合会(TEL:078-341-9666)
      神戸市経済観光局商業流通課(TEL:078-322-5336)
      神戸市経済観光局中央卸売市場運営本部経営課(TEL:078-322-6939)

【参考】神戸流通活性化推進事業について

 卸・仲卸・小売の流通三者が連携し、中央卸売市場で仕入れた生鮮品等を地元の中小小売店で流通させる取り組みを強化することにより、中央卸売市場と地域商業の活性化を図ることを目的として行う事業です。