神戸市-KOBE-


神戸市立御影幼稚園 第32回 時事通信社「教育奨励賞」優秀賞・文部科学大臣奨励賞 受賞

記者資料提供(平成29年10月2日)
教育委員会事務局
学校教育部学校教育課 日比、福田
TEL:078-322-5783 内線:6312

神戸市立御影幼稚園 第32回 時事通信社「教育奨励賞」優秀賞・文部科学大臣奨励賞 受賞

「遊び込むと片付けも楽しくなるって本当?」

1.幼児教育で初めて

 神戸市立御影幼稚園が「遊び込むと片付けも楽しくなるって本当?」をテーマとした取組で、時事通信社が実施する教育奨励賞において、最高の賞である文部科学大臣奨励賞を受賞しました。
 幼児教育に対して本賞が贈られるのは、1985年の賞創設以来、初めてのことであり、また、兵庫県下の学校・幼稚園が受賞するのも初めてです。

2.御影幼稚園の取組

 神戸市立御影幼稚園では、「遊び込むと片付けも楽しくなるって本当?」をテーマに、園児が遊びに没頭する「遊び込み」を支援する教育を科学的な根拠に基づいて研究し、遊びに向かう能力や態度を育成しています。
 遊びが終わった後に、子供同士で遊びを振り返る時間を設けるなど、一人ひとりの幼児を支え、幼児が「やってみよう」という姿から「なんでだろう」「もっとこうしてみよう」と試行錯誤しながら、次第に『遊び』を深めていく姿を連続的に捉えています。
その中で、『片付け』においても「片付けってなあに?」から「片付けできたよ」「片付け楽しいな」と、幼児自ら取り組むなど、主体的な生活を送る習慣づくりにつなげています。
 また、この取組を公開保育や研究発表等で広く神戸市内の学校・幼稚園へ公表しています。

ゴールをみんなで片付けている様子

3.授賞式

(1)日時 平成29年10月23日(月曜) 17時から
(2)場所 時事通信ホール(東京都中央区銀座5−15−8)

4.参考

 「教育奨励賞」は時事通信社が1985年に創設し、創造性に富んだ特色ある教育を実践し、顕著な業績を挙げた学校に贈られ、学校教育のいっそうの充実を図ることを目的としています。
 この度、全国の教育委員会等から推薦を受けた公私立幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校の59件、64校園の中から、特に優れた1校へ贈られる「教育奨励賞」優秀賞・文部科学大臣奨励賞に神戸市立御影幼稚園が選ばれました。


神戸市立御影幼稚園(神戸市東灘区御影石町3−13−1)
園長 平井 和恵   園児数 4学級110人