神戸市-KOBE-


災害時に備えた「たすけあいのまちづくり」に助成します。

記者資料提供(平成29年9月29日)
灘区保健福祉部健康福祉課 担当者 石川、柏木
TEL:078-843-7001 内線:402
E-MAIL: nadakenkouhukusi@office.city.kobe.lg.jp

災害時に備えた「たすけあいのまちづくり」に助成します。

「灘区災害時要援護者支援団体活動助成制度」のご案内

 神戸市では、高齢者や障害者等の災害時に手助けが必要な方(要援護者)を支援していくための条例(神戸市における災害時の要援護者への支援に関する条例)を制定し、地域での助け合いの取り組みを推進しています。
 灘区では、災害時要援護者支援団体として現在6団体が活動に取り組んでいますが、今後も起こりうる大規模災害に備え、要援護者支援に取り組む団体を広げていきたいと考えています。こうした災害に備えた「たすけあいのまちづくり」を促進するため、要援護者の支援活動に取り組む団体に対し、活動費用や避難に用いる資機材等の取得費用の一部を助成する制度(灘区災害時要援護者支援団体活動助成金制度)を創設します。

1 助成対象となる団体

 灘区内において、災害時要援護者支援活動に取り組む、防災福祉コミュニティ、ふれあいのまちづくり協議会、自治会、管理組合 等
※取り組みを始めようとする団体も利用できます。

2 助成対象となる活動

 要援護者支援のための会議、訓練、啓発活動、避難のために用いる車いす、リヤカーその他の資機材の整備

3 助成対象費目

 上記の活動に伴う、(1)印刷製本費、(2)通信運搬費、(3)消耗品費、(4)使用料、(5)保険料、(6)備品費

4 助成額

 上記の活動に要する費用の3分の2を助成します。ただし、助成対象費目のうち(1)から(5)については全額を助成とします。
また、1団体につき最大20万円まで助成します。

5 手続き

 灘区保健福祉部健康福祉課に所定の申請書を提出していただきます。

6 施行日

 平成29年10月1日から施行