神戸市-KOBE-


平成29年度「こうべ男女いきいき事業所」の決定について

記者資料提供(平成29年9月29日)
市民参画推進局
参画推進部男女共同参画課 小椋・畠山
TEL:078-322-5179 内線:4431
E-MAIL:danjyo@office.city.kobe.lg.jp

平成29年度「こうべ男女いきいき事業所」の決定について

概要

 市は、平成15年度から、就業の場における男女平等の推進や仕事と家庭の両立の支援など、男女共同参画の推進に積極的な取り組みを行っている事業所を公募、選考の上、「こうべ男女いきいき事業所」として表彰しています。
 このたび、下記の8事業所を「平成29年度こうべ男女いきいき事業所」として決定しましたのでお知らせします。
 なお、表彰状の授与は、10月26日(木曜)「男女共同参画推進月間」企業セミナーにおいて行います。

平成29年度こうべ男女いきいき事業所(50音順)

・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(神戸市内事業所)   【金融・保険業 従業員数252人】
・株式会社カワサキライフコーポレーション  【不動産業・建設業・保険代理店業 従業員数 297人】
・株式会社白川工芸社                               【建設業 従業員数 49人】
・タカヤマ株式会社                                 【製造業 従業員数 40人】
・株式会社ヒットカンパニーリミッテット                      【旅行業 従業員数 19人】
・公立大学法人兵庫県立大学                        【学術研究 従業員数 989人】
・株式会社べネスト                           【その他サービス業 従業員数45人】
・株式会社マルハン(神戸市内事業所)             【生活関連サービス業・娯楽業 230人】

表彰の選考について

(1)こうべ男女いきいき事業所表彰選考委員会 委員氏名(順不同)
  委員長  開 本 浩 矢(大阪大学大学院経済学研究科教授)
  委 員  田 中 智 也(連合神戸地域協議会副議長)
  委 員  寺 坂 俊 樹(神戸商工会議所事業部長)
  委 員  石 澤 菜々子(神戸新聞社論説委員・編集委員)
  委 員  志 水 達 也(神戸市経済観光局経済部長)
  委 員  小 椋 善 彦(神戸市市民参画推進局勤労・男女共同参画担当部長)

(2)審査項目
 ア)女性(男性)の能力発揮や職域拡大に努めるなど、就業の場における男女平等の推進への積極的な取り組み
 イ)仕事と家庭の両立を支援するための工夫や努力など、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を推進する取り組み
 ウ)その他、男女がともに働きやすい職場づくりのためのユニークな取り組み
各分野における「取り組み内容」及び「男女共同参画への意欲」「今後への期待」について、選考委員会が審査を行いました。

(3)選考理由
  女性従業員の活用に関する積極的な取り組みや、仕事と家庭の両立を支援する職場環境づくりに意欲を持っていることが感じられた。それぞれの事業所において様々な取り組みがされており、男女がともにいきいきと働きやすい職場づくりに取り組む事業所であると判断しました。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(市内事業所)

 女性の活躍として、全社的に仕事と家庭の両立支援やキャリア形成支援、男性管理職の意識改革に取組んでいます。女性の出産・育児休業からの職場復帰に際しては、各自がライフスタイルにあった働き方を選択できるよう短時間勤務やシフト勤務制度などを導入しています。
 また、男性の育児休業取得にも積極的に取組むなど、ワーク・ライフ・バランスの浸透を図っています。*2017年8月「プラチナくるみん認定」取得済み

株式会社カワサキライフコーポレーション

 能力に応じた仕事の割振りや人事評価を実施しており、男女の区別することなく、必要に応じた階層別研修等を実施しています。
 また、年次有給休暇の未消化分を積立て、介護や本人の病気療養等に利用できる制度を備えています。年次有給休暇の取得奨励日や計画取得の制度化等休暇取得促進にも取組んでいます。

株式会社白川工芸社

 建築職人の世界も働きやすい職場でなければ、働き手がなくなるという考えから、安定した生活を実現するために職人を従業員としています。女性についても、積極的に採用して活躍の場を広げる取組みを進めています。
 事務所の一部を暮らしに役立つ情報ステーション’またあした’として一般開放し、子どもの勉強や遊び場、地域の集まりの場となっています。

タカヤマ株式会社

 主婦でも誰でも働きやすい職場にするために、子供の送り迎えに対応した勤務時間や学校行事のための休暇取得、子供や親の病気などの急な休みにも職場で対応するなど柔軟な働き方に取組んでいます。その結果、主婦の方がパートから正社員、係長として働くようになっています。
 また、働きやすい職場づくりの実践として、一般事業主行動計画(次世代法)を2011年に策定しています。

株式会社ヒットカンパニーリミッテット

 男女の区別なく能力に応じた配置を行い、各階層別に研修や勉強会を開催し、コミュニケーション能力の強化や個々の能力開発等を実施しています。従業員の各々が目標を設定・管理し、年度末にプレゼンを行い全員参加による投票にて優秀なものには賞を授与しています。中堅社員の勉強会にて残業を減らす働き方改革を自主的に取組むこともしています。
 計画的に休暇を取得できるように年度当初にスケジュールを公表し、有給奨励日を設けたり、ノー残業日として「EARLY WEDNESDAY」制度を設けたりしています。

公立大学法人兵庫県立大学

 本部に男女共同参画推進室を設置し、県内各キャンパスに分室を置き体制を整えています。平成28年度には女性の副学長が誕生し、全学をあげて教員に対しての男女共同参画の取組みを加速させています。
 また、出産・育児や介護等で研究活動に影響が出ないよう研究支援員を配置することで働きやすい職場づくりにも取組んでいます。

株式会社べネスト

 男女の区別なく社員のキャリアや技術向上に取組んでいます。産休・育休を取得後、時短勤務中の女性社員をリーダーに登用するなど、女性活躍の実践に取り組んでいます。子育て社員の残業免除制度は男女ともに取得実績があり、仕事と家庭を両立しやすい環境に努めています。
 また、昨年度には介護セミナーを実施し、今後の課題にも準備を始めています。

株式会社マルハン(市内事業所)

 ダイバーシティ推進における、女性の活躍や仕事と家庭の両立に向けての取組みが、従業員の定着・採用に繋がっています。具体的には、従業員が正しい知識を身に着け利用しやすい風土を醸成するために「妊娠〜育児の社内制度をガイドブック」を作成。妊娠した際には体調に合わせて産休以前から休暇を取れる独自制度「ハローベイビー休暇」を導入。
 また、多様な働き方に対応するため地域社員制度の導入等を行われています。このような働く環境の整備に向けた取り組みは、業界のイメージの払拭にも繋がっています。

表彰式

・日 時  平成29年10月26日(木曜) 14時30分〜
・場 所  神戸市男女共同参画センター(あすてっぷKOBE)2階
       神戸市中央区橘通3-4-3  tel 078-361-6977