神戸市-KOBE-


神戸市立高専「全国高専体育大会水泳競技」 6年連続10回目の総合優勝

記者資料提供(平成29年9月12日)
神戸市立工業高等専門学校 校長 山崎 聡一  副校長(学生担当)寺田 雅裕 
TEL:078-795-3322 FAX:078-795-3104

神戸市立高専「全国高専体育大会水泳競技」 6年連続10回目の総合優勝

1.概要

  8月26日(土曜)に栃木県立温水プール館で開催された第52回全国高等専門学校高専体育大会水泳競技において、神戸市立工業高等専門学校水泳部が、6年連続10回目の総合優勝をしました。
  また、応用化学科5年 福田 瞳さんは、個人3種目(100メートル自由形、50メートル背泳ぎ、200メートルリレー)と学校対抗の部を含めて、5連覇を達成し、水泳競技の閉会式では、例を見ない活躍ということで紹介され、栄誉を称えられました。
  彼女は、最終学年の今年も個人種目とリレー種目の全てで大会新記録を出し、5年間出場した全レースで全て1位、総合でも全て優勝と、5年間全くの負け知らずという史上初の記録をうちたてました。

2.全国高専体育大会水泳競技について

  高等専門学校は全国に57校あり、全国高専体育大会は各地区の高専体育大会を勝ち抜いてきた高専学生が集い、競う大会です。高専教育の一環として、広くスポーツ実践の機会を与え、技術の向上とスポーツ精神の高揚を図り、心身ともに健康な学生を育成するとともに高専相互の親睦を図ることを目的として開催されています。
  水泳競技では、男子14種目、女子5種目において、それぞれ予選の上位8位まで(タイムレース)が決勝に進出し、タイムを競います。学校対抗においては、各種目の入賞者・チーム(8位以内)に点数を与え、男女得点の合計点により最多得点校を優勝校とします。
  得点:個人種目は、1位8点、2位7点、3位6点、・・・8位1点、
      リレー種目は、1位16点、2位14点、3位12点、・・・8位2点

3.水泳競技の主な結果
   総合優勝 神戸高専 133点(大会6連覇)
      2位 松江高専 127点
      3位 福島高専  61点

   個人種目優勝者  女子 100メートル自由形 福田  瞳 ※大会新記録
               女子 50メートル背泳ぎ 福田  瞳 ※大会新記録
                女子 50メートルバタフライ 長谷川 愛(都市工学科2年)
                                 藤本 凜子(都市工学科1年)
                 女子200メートルリレー  ※大会新記録
                     木戸 春花(応用化学科1年)
                     森本菜々子(応用化学科2年)
                     長谷川 愛(都市工学科2年)
                     福田  瞳(応用化学科5年)