神戸市-KOBE-


第2回「事故救済制度に関する専門部会」の開催

記者資料提供(平成29年9月11日)
保健福祉局高齢福祉部介護保険課 林・岡野内
TEL:078-322-6226 内線3180
E-mail:kobekaigohokenka@office.city.kobe.lg.jp

第2回「事故救済制度に関する専門部会」の開催

1.事故救済制度に関する専門部会の概要

 本市では、認知症になっても住み慣れた地域で安心して過ごすことができる認知症の人にやさしいまちづくりを推進していくため、(仮称)認知症の人にやさしいまちづくり条例の策定を検討しており、本市の基本的な考え方と施策の方向性を検討する有識者会議を設置しています。
 本有識者会議においては、認知症の人が起こした事故に対する救済制度についても検討していくこととしておりますが、事故救済制度については、より詳細な検討を行う必要があることから、有識者会議の下に部会を設置し、検討を進めているところです。
 当専門部会の第2回会議を下記のとおり開催します。

2.開催日時

平成29年9月19日(火曜) 10時から12時(予定)

3.開催場所

三宮研修センター 805会議室
(神戸市中央区八幡通4丁目2−12 FR2ビル(神戸市役所東正面))

4.議事(予定)

(1)救済制度の検討
   ※救済制度のモデル提示(3パターン)
(2)その他

5.傍聴の定員

20名

6.傍聴の手続き

 傍聴を希望される方については、当日の9時30分から9時50分まで、会場にて受付いたします。
 受付終了後、定員を超えた場合は抽選により傍聴人を決定します。定員に満たない場合は、先着順で10時まで受付します。