神戸市-KOBE-


平成29年度 神戸マイスター・神戸アグリマイスターの認定について

マイスターロゴマーク

記者資料提供(平成29年9月4日)
神戸市経済観光局経済部経済政策課 習田・高西 TEL:078-322-5324
公益財団法人神戸市産業振興財団 商業・ものづくり支援部 内藤・柿並 TEL:078-360-3209

平成29年度 神戸マイスター・神戸アグリマイスターの認定について

◆神戸マイスターとは◆

 神戸市では、平成5年度より、市内だけでなく全国的にも通用するハイレベルの技術・技能を持つ方を「神戸マイスター」として認定しています。また、平成18年度からは、卓越した農業技術を有する方を「神戸アグリマイスター」として認定しています。
 認定された方々には、優れたものづくりの技術・技能を伝えるため、中学校での指導(ゲストティーチャー)や、ものづくり体験講座など多くの場で優れた技を披露していただいています。
 今年度は下記の通り、新たに神戸マイスター3名、神戸アグリマイスター2名の方を認定いたします。(認定者合計:61職種133名)

◆平成29年度 神戸マイスター・神戸アグリマイスター認定者◆

1.神戸マイスター認定者(3職種3名)

○相澤 吉範(あいざわ よしのり)〔表具〕
・古書画の掛軸、額、屏風などの修復、再表装などを得意としている。
・作品の時代に合った、古い裂地を使用しているが、持ち備えていない場合は現代の裂地を用いて、煮出したアク汁など様々なものを使用し時代染めをする技術に優れている。
・数多く手掛けてきた経験からのノウハウを駆使し、和・洋問わずスペースにマッチした表装を仕上げ、各書作家からも高い評価を受けている。

○柏木 直樹(かしわぎ なおき)〔日本料理〕
・研究心旺盛で、地産地消や伝統料理の研究を中心に、新しい工夫を加えたレシピの開発を追求している。
・和包丁の使い方に優れ、「四条流」の師範を取得している。魚介類は30種類以上の包丁を使い分け、特に生きた鰻は5秒ほどで卸す。
・小学生を対象にした地産地消講習会から、専門学校での指導、料理人の指導監督など、幅広く積極的に後進育成に携わっている。

○橋本 和也(はしもと かずや)〔スペシャルティコーヒー〕※新規職種
・神戸マイスターとして初めて認定する職種である。「スペシャルティコーヒー」のマイスターは、1.生豆の鑑定・選定、2.焙煎、3.抽出、4.ブレンドの4つ全てにおいて高度な技術をもつことが条件となる。
・企業と協力し、コーヒードリップ用のガスコンロ開発や、酒とコーヒーを用いたレシピ作成など、多様な楽しみ方を研究している。
・専門学校等での指導だけでなく、同業の他店主に対する指導も引き受けている。

2.神戸アグリマイスター認定者(2名)

○西 昭彦(にし あきひこ) 〔農業(肉牛・水稲)〕
・肉用牛と水稲生産による農業経営を行い、但馬牛の雌牛に限定した良質で美味しい神戸ビーフの生産に取り組んでおり、飼養管理の技術が優れている。
・地元小学生を対象とした食農・食育活動を実施しているほか、企業的営農モデルの展開により地域農業の旗手的役割を担っている。

○三浦 博美(みうら ひろみ) 〔農業(花き)〕
・施設と露地を組み合わせた花壇苗経営の礎を築き、家族経営を主体としながら、外部雇用を活用した経営スタイルを確立している。
・栽培技術・販売促進等の指導を行い、後進育成を積極的に行っているほか、常に新技術や新品目への研究に取り組んでいる。

◆平成29年度 神戸マイスター・神戸アグリマイスター認定式◆

 今年度、新たに認定された計5名の神戸マイスター・神戸アグリマイスターの認定式を、下記のとおり開催いたします。

1.日時

平成29年9月10日(日曜)12時00分〜12時30分
(同日10時〜17時まで、「第10回神戸マイスターフェスティバル」を開催しております。)

2.場所

デュオこうべ 浜の手デュオドーム

3.出席者(敬称略)

主催者
・神戸市長                   久元 喜造
・(公財)神戸市産業振興財団理事長   森脇俊道
来賓者
・神戸市会副議長               川原田弘子
・神戸マイスター交流会会長        吉本一男

4.次第

1.平成29年度認定者 認定証授与(計5名)
2.平成20年度認定者 感謝状授与(計5名)
 ※認定を受けて10年間、市内産業・農業の活性化や後進の育成に多大な貢献をいただいた神戸マイスター・神戸アグリマイスターの方々に、感謝の意を込めて感謝状を授与します。
3.神戸市長あいさつ
4.神戸市会副議長あいさつ
5.記念写真撮影