神戸市-KOBE-


WHO神戸センター(WKC)と神戸市による市民の健康を考えるフォーラムの開催

記者資料提供(平成29年9月4日)
(フォーラムに関すること)
 保健福祉局健康部健康政策課 水野・勝間
 TEL:078-322-6511 内線:3332

(介護認定審査会功労者表彰に関すること)
 保健福祉局高齢福祉部介護保険課 林・菅
 TEL:078-322-6227 内線:3194

WHO神戸センター(WKC)と神戸市による市民の健康を考えるフォーラムの開催

(主催:神戸市、WKC)

 平成28年9月11日(土)・12日(日)に本市でG7神戸保健大臣会合が開催され、G7(日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ)の保健担当大臣が保健分野における国際的な課題について議論しました。議論の中で生涯を通じた健康の問題が大きく取り上げられ、神戸宣言が採択されました。
 同会合から1年を経た現在、神戸宣言を受け、神戸でどのような取り組みがなされてきたか、神戸市とWHO神戸センターの双方から発信します。

【日時】 平成29年9月23日(土)13時30分〜17時
【場所】 神戸ポートピアホテル本館B1F「偕楽」
      (神戸市中央区港島中町6丁目10-1)

【プログラム】
(1)<市長挨拶>(13:30〜)
  神戸市介護認定審査会功労者表彰  
    [神戸市長 久元 喜造]
 
(2)<第一部 WHO神戸センターと神戸市のコラボレーション>(14:00〜)
 1)WHO神戸センターの新しい研究(〜UHC、イノベーション、高齢化〜)
    [WHO神戸センター所長 サラ・ルイーズ・バーバー]

 2)神戸とのコラボレーション(〜認知症に関する研究〜)
    [WHO神戸センター医官 茅野 龍馬]

 3)神戸市の認知症への取り組み
    [神戸市認知症対策監・神戸学院大学教授 前田 潔]


(3)<第二部 神戸市の取り組み>(15:50〜)
 1)健康創造都市KOBE推進会議の取り組み
    [健康創造都市KOBE推進会議座長・神戸市医療政策顧問
     ・京都大学名誉教授 菊池 晴彦]

 2)講演「生涯を通じた健康づくりについて」
    [京都大学教授 川上 浩司]

【定員】 先着500名
【参加費】 無料
【申込先】 神戸市イベント案内・申込センター(9月20日(水)締切り)
       電話:078-333-3372(8時〜21時)、FAX:078-333-3314
  (氏名、所属、住所、電話、FAX番号、電子メールをお知らせください)

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。