神戸市-KOBE-


「Code for Japan Summit 2017(コード・フォー・ジャパン・サミット2017)」の開催地が神戸に決定!

記者資料提供(平成29年7月27日)
神戸市医療・新産業本部企業誘致部企業立地課 多名部
TEL:078-322-5368 
E-mail:new_industry@office.city.kobe.lg.jp
神戸市企画調整局創造都市推進部ICT創造担当 松崎・長井
TEL:078-322-6462
E-mail:ict-sozo@office.city.kobe.lg.jp

〜ITで地域課題を解決する「国内最大級」のイベントが関西初上陸〜

「Code for Japan Summit 2017(コード・フォー・ジャパン・サミット2017)」の開催地が神戸に決定!

 ITを使って子育てや介護などの地域課題を解決する「※シビック・テック」の動きは、近年全国的に活動が活発化しており、行政や市民が連携し様々な取組みを進めています。
 神戸市においても、オープン・データの推進や社会課題を解決するスタートアップの支援などを行っており、こうした取組みが評価され、このたび、国内最大級の「シビック・テック」のイベント「Code for Japan Summit(コード・フォー・ジャパン・サミット)」の開催地として、神戸市が選ばれました。
 これを機に、民間のノウハウを活用した地域課題解決の取り組みを強化していきます。
 ※シビック(市民)とテック(テクノロジー)をあわせた造語。市民自らが、ITを活用して、行政サービスや、地域課題を解決する取り組みを意味しています。「シビック・テック」により生まれたアプリやサービスとして、地域のごみの収集日や分別方法がひと目で分かる「5374.jp」やさっぽろ保育園マップなどがあります。

1.「Code for Japan」と神戸市との連携

Code for Japan ロゴ 2013年に設立された地域課題の解決にIT技術の活用をめざす非営利活動法人。
 神戸市では平成27年度以降、同団体の人材派遣プログラムである「コーポレートフェローシップ」を利用し、これまで7人の民間IT人材を受け入れ、民間のノウハウやネットワークを活用するなど連携を深めています。

2.「Code for Japan Summit」とは

 2014年から毎年開催されている「シビック・テック」のイベント。全国からIT起業家やエンジニア、地域課題に取り組まれている様々な立場の方など約500〜600人が集まり、各地での事例や学びを共有することで、「シビック・テック」の活動を知ってもらうと共に、各地の活動を推進させる場となっています。今回で4回目の開催です。

昨年、横浜市で開催された「Code for Japan Summit 2016」の様子

3.開催概要

 開催期間:2017年9月23日(土曜)、24日(日曜)
 開催場所:しあわせの村(北区しあわせの村1番1号)
 参加者数:約500人(見込み)
 主催:一般社団法人コード・フォー・ジャパン
 共催:神戸市、公益財団法人こうべ市民福祉振興協会、Code for Kobe
 後援(予定):総務省、経済産業省、情報処理推進機構
 参加費:無料  ※ 事前申込などは、https://summit2017.code4japan.org/でお知らせします。

4.主なプログラム(予定)

 下記プログラムのほか、様々なパネルトークや子ども向けワークショップなど、一般の方にもお楽しみいただけるプログラムを用意しております。
 WEBサイトhttps://summit2017.code4japan.org/で最新プログラムを掲載予定です。

オープニングセッション(基調セッション)
テーマ:「21st Century Government – Design for People’s needs」
内容:テクノロジーを使った市民活動と行政のあり方についてパネルトーク
登壇者(予定):太田 直樹さん(総務省大臣補佐官)、奥田 浩美さん(株式会社ウィズグループ代表取締役)、村岡 正和さん(株式会社神戸デジタルラボ取締役)、久元 喜造(神戸市長)
海外ゲストによる海外事例紹介
先進的な活動を行っている台湾からのゲストを招待
ユニバーサルデザインの現在と未来
市民やしあわせの村運営者、デザイナーによるプログラム
自治体職員ハッカー大集合
自ら優れたシステム開発をしている自治体職員による事例発表とパネルトーク
プログラミングは世代を超える
82歳でiOSアプリを開発して、米国で開催されたApple社のイベントにも招待され話題となった、若宮正子さんとともに世代を超えたプログラミングを考える
神戸から未来へ。防災と減災に向けた取り組みの今
阪神・淡路大震災から22年。防災と減災の進化とボーダレスな防災を考える
社会課題解決型スタートアップ創出ワークショップ
市職員とエンジニアや起業家が合同で、神戸の地域課題で解決のためのアイデア創出と事業化プランを作成する

(参考)Code for Japan Summit開催実績

第1回 Code for Japan Summit 2014
 日程:2014年10月11日〜12日、場所:東京大学駒場リサーチキャンパス
第2回 Code for Japan Summit 2015
 日程:2015年10月7日〜8日、場所:豊島区役所旧庁舎
第3回 Code for Japan Summit 2016
 日程:2016年11月19日〜20日、場所:横浜市金沢区総合庁舎