神戸市-KOBE-


『神戸アドバンスド・キャリア・デザイン・プログラム』を初開催

記者資料提供(平成29年7月7日)
医療・新産業本部企業誘致部
企業立地課 吉永・幸野
TEL:078-322-0240(内線2192)
E-mail:new_industry@office.city.kobe.lg.jp

地域社会に貢献する若い人材を育てる

『神戸アドバンスド・キャリア・デザイン・プログラム』を初開催

神戸にゆかりのある大学生・大学院生の参加者募集を開始

神戸市は、将来の地域社会に貢献する若い人材を育てるため、神戸にゆかりのある起業家・経営者などが講師となって実体験に基づいた創造力・思考力・アイデア実現力を教える全10回の独自シリーズ講座「神戸アドバンスド・キャリア・デザイン・プログラム」を、平成29年10月〜平成30年3月の期間、初めて開催します。
開催にあたって、神戸市内在住、在学の大学生・大学院生など神戸市にゆかりのある学生を対象に、7月7日(金曜)〜8月4日(金曜)の1ヶ月間で参加者を募集します。

1.プログラム概要

名  称:神戸アドバンスド・キャリア・デザイン・プログラム
開催期間:平成29年10月〜平成30年3月(全10回)
開催場所:神戸市内(デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)など)
参 加 費:無料
講座内容:自己分析やグループワーク(6回)、様々なキャリアを持つ講師による
対談(4回)を通し、参加者が自身の未来像を描くことをサポートします。
詳しくはWEBサイトhttp://kobe-careerdesign.jp でご確認ください。

講   師:金指 光司  株式会社ポトマック代表取締役社長
(敬称略) 瀬合 達也  神戸市 企画調整局 政策企画部 政策調査課長
       福島 潤    バスケットボールチーム 西宮ストークス代表取締役社長
       星加 ルリコ 株式会社ルリコプランニング代表
       三品 和広  神戸大学大学院 経営学研究科 教授
       南出 渉   ライブハウスKOBE VARIT店長、ブッキングマネージャー
       横山 剛    SRCグループ会長
                兼Kiss FM KOBE(兵庫エフエム放送株式会社)代表取締役社長
       脇浜 紀子  京都産業大学 現代社会学部 現代社会学科 教授
       (50音順に掲載しています。)

2.募集概要

応募資格:神戸市にゆかりのある学生
(神戸市内在住、在学の大学生・大学院生など)
募集期間:平成29年7月7日(金曜)〜8月4日(金曜)
募集人数:20〜30名
応募方法:下記WEBサイトより必要事項を入力して応募
       http://kobe-careerdesign.jp
選考方法:書類、面接

<参考1:今回開催するプログラムの狙いについて>

今回参加者を募集する『神戸アドバンスド・キャリア・デザイン・プログラム』は、神戸市内在住、在学など「神戸市にゆかりのある大学生・大学院生」を対象に、起業家マインド・経営者マインドに触れる機会を提供するプログラムです。このプログラムを通して、地域社会に貢献する人材の育成を目指します。

<参考2:これまでの取り組み>

神戸市は神戸経済の持続的成長のために、起業しやすいまち、起業家のエコシステム
(起業家が生まれ、育ち、次世代の起業家を育てるという循環)の構築に向けて、下記のとおりこれまで様々な取り組みを行ってまいりました。

・500 Startupsによる起業家支援プログラム
 シリコンバレーを中心に世界的に活動する
 アクセラレータ(スタートアップの育成支援団体)
 である500 Startupsと連携した教育プログラムを実施。

500kobe

・スタートアップオフィスを拠点とした起業家支援
 神戸・三宮の駅前のスタートアップオフィスを拠点に、
 3ヶ月間の起業家支援プログラムを提供。
 日本人メンターや地元企業を中心に起業家を支援。

startupoffice

・シリコンバレー派遣交流プログラム
 シリコンバレーを訪問し、現地で活躍する起業家など
 による講演・ワークショップの実施を経て、最終日には
 参加者から現地ベンチャーキャピタルへの英語による
 ビジネスプランのピッチを実践として行います。

siliconvalley