神戸市-KOBE-


東遊園地芝生広場の全面開放とアーバンピクニックの開催

記者資料提供(平成29年7月6日)
神戸市建設局公園部管理課 長尾、二宮
TEL:078-322-5420(内線4215)/FAX:078-322-6087

東遊園地芝生広場の全面開放とアーバンピクニックの開催

神戸市では、東遊園地のにぎわい創出に向け、
平成28年度よりグラウンド部分での芝生化実験と芝生広場を活用した公園の魅力を高めるプログラムを展開しています。
芝生広場は5月29日から養生を行っておりましたが、このたび全面オープンすることとなりました。
芝生の全面オープンに併せて、7月15日から始まるアーバンピクニックのオープニングセレモニーを開催します。
今回のアーバンピクニックのパビリオンは、世界でも活躍する神戸在住の建築家・島田陽氏の設計となっており、
風にゆらめくカラフルな布が象徴的なデザインとなっています。

1.オープニングセレモニー

昨年度のオープニングセレモニーの様子
昨年度のオープニングセレモニーの様子

(1)日時

平成29年7月14日(金曜)
18時〜18時半(少雨決行)

(2)場所

東遊園地パフォーマンス広場周辺

(3)内容

市長あいさつ、ミニライブ等

(4)主催

神戸市
一般社団法人リバブルシティイニシアティブ

2.アーバンピクニック

(1)事業者

一般社団法人リバブルシティイニシアティブ

(2)期間

平成29年7月15日(土曜)〜平成29年11月5日(日曜)
・7月15日〜9月15日 平日:16時〜22時 土日祝10時〜22時
・9月16日〜11月5日 各日:11時〜19時

(3)内容

◇パビリオンの設置

パフォーマンス広場に、建築家・島田陽氏設計のパビリオンを設置します。
カフェやアウトドアライブラリーの機能を備えた日陰のある空間に、ベンチや植物を配置することで、
読書や食事などを楽しみながらゆったりと滞在できる場所を提供します。

◇アウトドアライブラリー

アウトドアライブラリー(日時)
   常時
(申込)
   当日会場で受付
(料金)
   無料
(内容)
   公園の利用者が愛着のある本を寄贈することによってできた本棚をパビリオン内に整備します。
   テーマに沿って並べられた本棚から好きな本を選んで、公園内で自由に楽しむことができます。

◇ガイドツアー

ガイドツアー(日時)
   毎週土曜開催 13時〜13時半
(申込)
   当日会場で受付
(料金)
   無料
(内容)
   学生チームが有識者へのインタビューや文献調査をもとに作成した資料をもとに、東遊園地の歴史や魅力、社会実験の目的を伝えます。

◇プログラムの公募・実施

公園の新しい使い方、楽しみ方を発掘するため、東遊園地にふさわしいプログラムを広く公募し、
文化、芸術、健康、子育て支援等幅広いジャンルのプログラムを実施します。

〔プログラム例〕

◆asobi基地

asobi基地(日時)
   7月22日(土曜) 10時〜11時半
(申込)
   当日会場で受付
(対象)
   0歳以上の子どものいる親子
(料金)
   材料代として1家族あたり500円
(内容)
   親子で工作遊びや絵の具遊びが楽しめます。保育士やほかの親子との遊びを通して交流を図ります。

◆フラの時間

フラの時間(日時)
   7月22日(土曜) 10時〜11時
(申込)
   当日会場で受付
(対象)
   子どもから大人まで、未経験者可
(料金)
   無料
(内容)
   ハワイの本格的なフラのエッセンスを盛り込んだプログラムです。
   まるでハワイで踊っているような、心地よい時間を過ごせます。
   ※ほかにも随時新しいプログラムが企画される予定です。
   詳しくは事業者のHPをご参照ください。(URL:http://urbanpicnic.jp/)

3.参考〔島田陽氏のプロフィール〕

建築家。1972年神戸生まれ。1997年京都市立芸術大学大学院修了後、直ちにタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所設立。ほぼ独学で今に至る。
近作に「おおきな曲面のある小屋」(小豆島)や「ハミルトンの住居」(豪)。「六甲の住居」で第29回吉岡賞受賞。著書に『7iP #04 YO SHIMADA』等。
神戸大学、神戸芸術工科大学、広島工業大学、大阪市立大学非常勤講師。2016年より京都造形芸術大学客員教授。