神戸市-KOBE-


特別展「来て、見て、楽しむ!小磯良平ベストコレクション」の開催

記者資料提供(平成29年6月13日)
教育委員会事務局
博物館 小磯記念美術館 (担当・高橋、水田)
TEL:078-857-0118 

特別展「来て、見て、楽しむ!小磯良平ベストコレクション」の開催

◆特別展「来て、見て、楽しむ!小磯良平ベストコレクション」の内容◆

小磯記念美術館は今年開館25周年を迎えました。これを記念して、3000点に及ぶ当館のコレクションの中から、小磯良平の名作を公開します。
神戸生まれの洋画家・小磯良平(1903〜1988年)は、異国情緒あふれる港町・神戸の先進性に富む気風や明るさを愛し、生涯のほとんどをこの地で過ごしました。画家自身が「神戸イズム」と洒落て呼んだその画風は、巧みな構図と洗練された描線、豊かな色彩によってかたちづくられており、広く親しまれてきました。
 本展は、小磯芸術の魅力を新たな切り口で紹介しようとする試みです。あわせて、当館が小磯良平の画業を顕彰する一方で取り組んできた教育普及とコラボレーションします。作品はもちろん、美術館を“まるごと”楽しんでもらいたい!誰にでも気軽に美術館を楽しんでもらいたい!本展は、企画やワークショップを盛り込んだ、夏休みにぴったりの展覧会です。

◆会場、会期等◆

会場:神戸市立小磯記念美術館
〒658‐0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7
電話:078‐857‐5880 *六甲ライナー「アイランド北口」駅下車すぐ
http://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/ 
会期:平成29年7月15日(土曜)〜平成29年9月3日(日曜)
休館日:月曜日(ただし7月17日は開館)、7月18日
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
入館料:一般500(400)円、大学生350(250)円、高校生250(150)円、
小中生200(100)円
※(  )内は30名以上の団体
※神戸市老人福祉手帳(すこやかカード)持参の方は250円
※のびのびパスポート、障がい者手帳など持参の方は無料

◆主催◆

神戸市立小磯記念美術館、神戸新聞社

◆後援◆

NHK神戸放送局、神戸新交通株式会社、サンテレビジョン、ラジオ関西

◆協賛◆

一般財団法人みなと銀行文化振興財団

◆おもな展示作品◆ ※全て当館蔵

小磯良平《二人の少女》1946年小磯良平《二人の少女》1946年

小磯良平《花のあるベランダ風景》1972年小磯良平《花のあるベランダ風景》1972年

小磯良平《御影風景》1962年小磯良平《御影風景》1962年

◆会期中のイベント◆

○みんなでつくろう!小磯さんファンブック
当館ロビーにて小磯良平が使用していた鉛筆と、スケッチブックを設置。皆さんのたくさんのイラストやメッセージをお待ちしています。

○プレミアムナイト〜夜間特別開館!〜
7月28日、8月11日、8月25日の金曜は、午後7時まで開館します。(入館は午後6時半まで)

○関連講座「サインに読み解く小磯芸術の流れ」
講師:廣田 生馬(当館学芸係長)
日時:8月11日(金曜・祝日)午後2時から3時
場所:当館2階絵画学習室
定員:80名  聴講無料 ※入館料が必要です。

※夜間開館中は、特別美術講座(展示室内での模写講座)を開講します。
その他にも、子供のための美術講座、大人のための美術講座を随時開講します。
詳しくは別途発表します。