神戸市-KOBE-


こうべイクメンの日2017開催

記者資料提供(平成29年6月1日)
市民参画推進局
男女共同参画課 小椋・畠山
TEL:078-322-5179 内線:4431
E-MAIL:danjyo@office.city.kobe.lg.jp

こうべイクメンの日2017開催

“つなぐ・つなげる・つながる”

こうべイクメンロゴ  ハナムラチカヒロ

コピーライト

こうべイクメン実行委員会は2010年より「育児にかかわるすべての男性=こうべイクメン」を合言葉に男性の育児参加と地域ぐるみでこどもにかかわることを推進してきました。
2013年から開催しているこうべイクメンの日では、のべ5,000人を超える市民が参加し、地域でこどもにかかわるきっかけづくりを行なってきました。また、取り組みを続けていく中で、委員会メンバーもPTA会長や消防団、認知症サポーター、行政のアドバイザーなど様々な地域活動で活躍し、自らこうべイクメンを実践し、自分自身が関わることで、コミュニティ活動の重要性や課題を再認識しているところです。

プロジェクト始動から8年目を迎える2017年は、さらに積極的に、こどもたちをきっかけにした“つながり”の醸成を目指し、広く市民が家庭、職場、地域などにおいて積極的に活動に参加し、お互いを認め合えるようなイベントを企画しました。
自分たちの経験を活かして、こうべイクメンの日では、イベントを通じて、参加者のみなさんが人と人とのつながりを意識するきっかけづくりをめざします。

実施日時

2017年6月18日(日曜) 10時〜16時30分(予定)

実施場所

神戸ハーバーランドumie
サウスモール1階1F中央特設会場、センターストリート

内容

・“つながり”を考えるトークセッション(聞き手 中野耕史さん(Kiss FM KOBEサウンドクルー)、トークゲスト 松下麻理さん(神戸フィルムオフィス 代表)ほか)
・子育て・地域活動のヒント満載のワークショップ(むかしあそび、知育アプリの体験、救急救命体験、神戸市ドコモ見守りアプリ体験など)
・イクメンフォト撮影会
・消防車展示
・パーマネントフィッシュアカペラライブ など

主催

こうべイクメン実行委員会

共催

神戸市

後援

Kiss FM KOBE、神戸新聞社、ラジオ関西

協力

「5日で5000枚の約束」プロジェクト実行委員会、神戸ハーバーランドumie、中央消防署、中央消防団、デザイン・クリエイティブセンター神戸、kiiro project、
中野耕史、株式会社ファンタジア、株式会社フェリシモ、株式会社前田畳製作所、株式会社ワオ・コーポレーション、株式会社アルファミクス、株式会社ウッディーズ、株式会社シンエンタープライズ、株式会社チャイルドハート、パールリレーション、株式会社毛利マークほか

参加費

無料

【特別企画】

Kiss FM KOBE 4SEASONS番組内でこうべイクメン特集を予定(6月7日、6月14日の放送を予定)

こうべイクメンとは

【育児にかかわるすべての男性=こうべイクメン】

お父さんだけに限らず、おじいちゃん、近所の八百屋さんなど、あらゆる男性 を指します。
子育ては、地域社会で行うもの という考えです。

【こうべイクメンがあたり前の社会へ】

じぶんごととして、子育てに取り組むことで、
家庭や地域とかかわり、お互いの価値観を見せ合い、認め合える社会
それが、『こうべイクメンがあたり前の社会』です。

昨年のようす

救急救命
いのちをつなぐ救命救急の体験

イクメンフォト
プロのカメラマン撮影のイクメンフォト撮影会

ワタナベフラワー ライブ
「ステンスワンプロジェクト」のテーマ曲を人気バンド(ワタナベフラワー)がライブで披露

be kobe 人文字
「震災20年メッセージ発信事業」から生まれた“BE KOBE”の理念に賛同し、参加者と人文字を作成。4月に発生した熊本地震で被害にあわれた方にエールを送りました。
※「震災20年メッセージ発信事業」とは、震災20年を機に、神戸で生まれた震災の教訓や知恵を集め、多くの人に発信する事業です。