神戸市-KOBE-


参加型フォーラム「事例に学ぶ!地域団体と新しい人材の関わり方」を開催します

記者資料提供(平成29年2月21日)
兵庫区総務部まちづくり課 東・福本 TEL:078-531-0033(直通)
E-MAIL:hyogo-machi-event@office.city.kobe.lg.jp

「兵庫区まちづくり活動プラットフォーム事業」

参加型フォーラム「事例に学ぶ!地域団体と新しい人材の関わり方」を開催します

 兵庫区では、将来にわたり活発なまちづくり活動を維持し、また、新たな担い手を創出するため、まちづくり活動のプレイヤーのネットワーク形成を促進し、新たな活動を生み出す仕組み・場を構築していくべく、今年度から3年間の計画で「兵庫区まちづくり活動プラットフォーム事業」に取り組んでいます。この取り組みのひとつとして、すでにまちづくり活動をされている方を対象とした参加型フォーラムを次のとおり開催します。

◆開催概要
 「事例に学ぶ!地域団体と新しい人材の関わり方」 
 地域団体がそれぞれの活動を盛り上げるため、NPOなど新しい人材と連携している事例をゲストのトークから学び、自らの活動をふり返りながら、新しい人材との関わり方を考えてみるワークショップです。お茶やお菓子とともに、リラックスした雰囲気の中から、これからの活動のヒントや新たなつながりをつくることができる企画となっております。

日時 :平成29年2月28日(火曜)14時〜16時30分
場所 :兵庫公会堂(兵庫区役所地下1階)
参加対象:主に兵庫区で
       地域でまちづくり活動に関わっている方
       ふれあいのまちづくり協議会、まちづくり協議会、自治会など地域団体で活動している方
       より地域に密着したまちづくりに関わりたいNPO等の方
ゲスト:浦井清五氏(駒ヶ林まちづくり協議会) 小國陽佑氏(NPO法人芸法)

◆参考
兵庫区まちづくり活動プラットフォームとは
 近年、人口減少や高齢化によるにぎわいの低下、空き家の増加などによる防犯・防災上の不安の増加など、地域課題は複雑化・多様化しています。それらの課題に行政のみで対応することは困難であり、今後いっそう市民との協働を強め、市民の力で課題解決を目指すことが重要となってきます。一方で、活動の担い手の高齢化が進んでおり、市民による持続的なまちづくり活動にとって大きな問題となっています。
 兵庫区では、将来にわたり活発なまちづくり活動を維持し、また、新たな担い手を創出するため、まちづくり活動のプレイヤーのネットワーク形成を促進し、新たな活動を生み出す仕組み・場を構築していくべく、今年度から3年間の計画で「兵庫区まちづくり活動プラットフォーム事業」に取り組みます。これは、神戸市内でも先駆的な取り組みとなります。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。