神戸市-KOBE-


水族園に火災予防のアイデア水槽が登場!

記者資料提供(平成29年2月20日)
消防局予防部予防課予防係 担当:吉岡、長谷川
TEL:078-325-8510 内線:5730
消防局総務部総務課総務係 担当:柳、高岡
TEL:078-3225738 内線:5711
E-MAIL:fb_yobo@office.city.kobe.lg.jp

海の生き物が、火災予防運動に全面協力!

水族園に火災予防のアイデア水槽が登場!

−水族園・ファッション専門学校・消防局がコラボ!−

1 企画要旨

開園60年を迎えた須磨海浜水族園の海の生き物と、神戸ファッション専門学校の学生が作ったオブジェとがコラボレーションした、水槽を使った火災予防の新企画がスタートします。 
特に水槽展示の初日である2月26日には、神戸市消防局の広報大使でリオ・オリンピック出場の八木かなえ選手(重量挙げ)もイルカの火災予防特別ライブに登場し、イルカ達の消火活動を指揮します。
他にも、園内では消防車両の展示や現役消防士との「消防服早着替え競争」といった参加型の楽しい企画も行います。 

神戸ファッション専門学校でのオブジェ制作風景1

神戸ファッション専門学校でのオブジェ制作風景1

神戸ファッション専門学校でのオブジェ制作風景2

神戸ファッション専門学校でのオブジェ制作風景2

展示水槽の1つの設計ラフ図

展示水槽の1つの設計ラフ図(上)。火事になった家の窓から、水槽の中を覗くことができる。

2 展示される水槽の詳細

(須磨海浜水族園の水槽を展示場所として、海の生き物たちが火災予防をPRします。水槽を3個使い、各水槽それぞれ『不注意水槽』『火災発生水槽』『初期消火水槽』をテーマとして、水槽ごとのテーマに沿った海の生き物たちと神戸ファッション専門学校の学生が作成したオブジェを展示します。
※詳細は別添資料をご確認ください。

3 火災予防イルカライブの内容

八木かなえ選手神戸市消防局広報大使であり、リオ・オリンピック6位入賞の八木かなえ選手(重量挙げ)が、イルカ消防隊の隊長として、イルカライブ終了後のステージに登場し、イルカ達と共に火災予防運動を盛り上げます。観覧席前方に設置された「炎のボード」めがけて、逆立ち体勢のイルカ達が尾ビレを振って水しぶきを飛ばし放水消火に挑戦します。
炎のボードを見事、倒すことが出来ればミッションクリアです。ぜひ、消火の瞬間に立ち会って防災意識を高めて下さい。
また、イベント内では、消火器の使い方などをレクチャーします。

4 日時

(1)企画水槽の除幕式と火災予防イルカライブ
・企画水槽の除幕式  :平成29年2月26日(日曜) 10時30分から11時(予定)
・火災予防イルカライブ:平成29年2月26日(日曜)   12時45分から13時(予定)
・消防車展示等イベント全体:平成29年2月26日(日曜)   10時00分から16時

(2)企画水槽の展示
平成29年2月26日(日曜)から3月12日(日曜)の15日間

5 実施場所

イルカライブの様子神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区若宮町1-3-5)

6 実施機関

神戸市消防局、神戸市立須磨海浜水族園、神戸ファッション専門学校、神戸学院大学減災SCoP
(神戸学院大学減災SCoPには、イベントブース等の出展に協力いただきます。)

7 神戸ファッション専門学校について

神戸ファッション専門学校(神戸市中央区)は、明治の開港以来いち早く西洋文化に影響をうけ神戸発の洋裁学校として1937年に誕生しました。
神戸三宮で開催される地域のコレクションへの参加や、地場産業とのコラボによる新商品企画など、地域や様々な企業と直接関わりながら経験を積んでいく授業があり、今回はその一環として消防局からの企画提案を快く引き受けていただきました。合計25名の学生に水槽内のオブジェ等制作で協力をいただきました。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。