神戸市-KOBE-


”須磨海浜水族園”ほっといたらあかんやん!「第13回大阪湾フォーラム」-まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ-を開催します。

スマスイ60年ロゴマーク

記者資料提供(平成29年2月17日)
神戸市立須磨海浜水族園 担当:吉田、日和田
TEL:078-731-7301/5020 FAX:078-733-6333
URL:http://sumasui.jp/

”須磨海浜水族園”ほっといたらあかんやん!「第13回大阪湾フォーラム」-まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ-を開催します。

 須磨海浜水族園では、平成29年3月4日(土曜)に「ほっといたらあかんやん!『第13回大阪湾フォーラム』-まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ-」を開催します。
 大阪湾フォーラムは、大阪湾沿岸で活動する市民や団体の情報共有・情報交換を目的として、毎年1回各地域を巡って開催しており、昨年は、「湾奥から 感じて、循環(つながり)、伝える」と題して、市制100周年を迎える尼崎市で開催しました。
 今回は、会場を大阪湾の西側に移し、開業60周年を迎えた神戸市立須磨海浜水族園から、「まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ」と題して開催します。大阪湾名物の「たこ」をテーマとして、明石だこと泉だこを育む大阪湾の地域特性、環境、食文化などについて学び、それぞれの違いを理解して、これからの大阪湾再生について意見交換を図ることを目的として実施します。
 なお、今回のフォーラムは神戸開港150年事業の一つとして開催します。

ほっといたらあかんやん!「第13回大阪湾フォーラム」-まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ-

1.開催日時

 平成29年3月4日(土曜) 10時30分〜17時

2.開催場所

 須磨海浜水族園及び須磨海岸

3.対象者

 大阪湾沿岸で活動する市民や団体、高校生など。約150名

4.参加方法

 自由参加(ただし、事前申し込み者優先 申込締切2月28日火曜)

5.参加費

 無料(入園料は別途必要)

6.内容

(1)須磨海岸ウォーキング 10時30分〜12時30分
   集合場所:10時30分 JR須磨駅 南口
   定員:60人(事前の申し込みが必要)
   見学場所等:須磨海岸(西側の半自然海岸、白砂青松、遠浅化事業など)、千森川、のり工場など
   解説:須磨海浜水族園園長(吉田裕之)他

(2)のりすき体験 10時30分〜13時30分
   開催場所:当園 本館2階 大水槽前通路
   定員:100人(当日先着順)

(3)パネル展示 10時30分〜17時
   開催場所:当園 本館2階レクチャールーム、レクチャールーム前など
   内容:宮道(神戸市職員)水中写真展
       大阪湾の海岸紹介
       高校生の取り組み
       後援組織の紹介 など

(4)大阪湾フォーラム 13時30分〜17時
   開催場所:当園 エントランスホール
   定員:150名
     開会
     高校生からの報告
     基調講演:(40分)
     「海の環境と海岸生物」 藤原建紀氏(京都大学 名誉教授)
     話題提供:(40分)
     ・反田實氏(兵庫県 水産技術センター)
     ・鍋島靖信氏(大阪市立自然史博物館友の会)
     たこについて語ろう:(70分)
     a 日本各地のたこツボ 河田泰之氏(泉南市埋蔵文化財センター)
     b たこの食文化 各地漁協からのビデオメッセージなど
     c 明石だこ、泉だこ比べ
     d 意見交換
     閉会

(5)交流会 17時30分〜19時30分 ※閉園後に開催、事前申込・参加費が必要
   開催場所:当園 エントランスホール

7.参加申込方法

 大阪湾見守りネットホームページ申し込み専用フォーム、またはファックス、メール

■大阪湾見守りネットホームページ(http://osaka-mimamori.net/forum-moushikomi/)
■Eメール (info@osaka-mimamori.net)
■大阪湾フォーラムチラシの申込フォームでFAX(078-733-6333)
 締切:平成29年2月28日(火曜)

8.主催

 大阪湾見守りネット、神戸市立須磨海浜水族園、大阪湾環境保全協議会、
 国土交通省近畿地方整備局神戸港湾空港技術調査事務所

9.協力

 須磨海浜水族園ボランティア(SAPV)、兵庫県漁業協同組合連合会、
 大阪府漁業協同組合連合会、すまうら水産有限責任事業組合

10.後援

 神戸市、(公財)国際エメックスセンター、(一財)みなと総合研究財団、(一財)大阪湾ベイエリア開発推進機構、(公社)瀬戸内海環境保全協会、(一社)生態系工学研究会、(一社)大阪湾環境再生研究・国際人材育成コンソーシアム・コア(CIFER・コア)、兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センター、(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所、大阪湾広域臨海環境整備センター、きんき環境館、NPO法人大阪府海域美化安全協会

須磨海浜水族園

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。