神戸市-KOBE-


第23回「アレルギー週間」市民公開講座

記者資料提供(平成29年2月6日)
保健福祉局
健康部健康づくり支援課 前田、衣川、高梨
TEL:078-322-6517 内線:3363
E-MAIL:kenkouzukuri@office.city.kobe.lg.jp

国民の2人に1人がアレルギー

第23回「アレルギー週間」市民公開講座

治療について考えよう

◆目的◆

 アレルギー疾患を有する者の割合は、乳幼児から高齢者まで国民の約2人に1人で、増加傾向にあります。
そのような状況の中、症状の悪化や治療のため、長期にわたり生活の質を著しく損なうことがあります。
近年、医療の進歩により、科学的知見に基づく医療を受けることで、症状のコントロールは概ね可能ですが、全ての患者が恩恵を受けていない現状があるため、普及啓発のため実施します。
 毎年2月のアレルギー週間の期間中に開催しており、今回で23回目です。

◆市民公開講座◆

(1)日時
    平成29年2月25日(土曜)14時〜16時
(2)場所
    兵庫県民会館11階パルテホール
    神戸市中央区下山手通4‐16‐3(市営地下鉄県庁前下車)
(3)テーマ
    治療について考えよう
(4)講演会の内容
    講演1「花粉症・アレルギー性鼻炎の対策と治療」
     都築建三先生(兵庫医科大学病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科准教授)
    講演2「アトピー性皮膚炎をしっかり治すために、正しく理解しよう」
     福永淳先生(神戸大学医学部附属病院皮膚科講師)
    総合司会
     西村善博先生(神戸大学医学部附属病院呼吸器内科特命教授)          

◆対象◆

市民一般 150人(無料、申込み不要、先着順)

◆問合せ◆

公益財団法人 日本アレルギー協会関西支部
「アレルギー週間 兵庫 市民講座」事務局
電話:072‐620‐7474
E-MAIL:t-fukamizu@tiara.ocn.ne.jp

◆共催◆

公益財団法人日本アレルギー協会関西支部、杏林製薬株式会社

◆後援◆

神戸市、兵庫県医師会