神戸市-KOBE-


神港橘高校1期生 117KOBEぼうさいマスターに挑戦

記者資料提供(平成29年1月24日)
神戸市立神港橘高等学校  校長 山下 哲朗   教頭 川畑 龍雄  蔵本 朗
TEL:078-579-3650 FAX:078-579-1330

神港橘高校1期生 117KOBEぼうさいマスターに挑戦

「117KOBEぼうさいWEB検定」を受検

1.概要

  神戸市立神港橘高等学校は、平成28年4月、神戸市立神港高等学校と神戸市立兵庫商業高等学校の再編統合により新設の商業高校として兵庫区会下山の地に開校しました。
  本校、みらい商学科では、「『ひと』を『たから』ととらえ、神戸を愛し、支える『人財』を地域とともに育てる」を教育方針とし、道徳教育を軸としたキャリア教育を系統的に展開し、人間力としての社会的実践力の育成を図っています。
  本校では、阪神淡路大震災を経験した神戸市立の高校として、災害の記憶を語り継ぐとともに、新たな災害に備える防災の意識を育み、災害発生時に主体的に判断・行動できる生徒の育成を目指しています。その取り組みの一環として、市民救命士講習を受講した1期生が、「117KOBEぼうさいWEB検定」を受検し、「117KOBEぼうさいマスター」に認定されることを目指します。

  【「117KOBEぼうさいマスター」とは】
   阪神・淡路大震災に関する知識を元に、防災・減災活動に積極的に取り組むとともに、救命措置の技能を習得した者に与えられる称号です。「防災WEB検定」の合格と、各自治体の「市民救命士」(普通救命コースI)資格の取得が必須となります。

2.日時

  平成29年1月30日(月曜)・2月6日(月曜)   6時間目  14時20分〜15時10分

3.内容

  1月30日、2月6日の2日間、4クラスずつに分かれて、パソコンを使用して、「117KOBEぼうさいWEB検定」を受検します。

4.参加者

  神戸市立神港橘高等学校1年生(312名) ※平成28年12月13日に市民救命士講習を受講済み

5.場所

  神戸市立神港橘高等学校(神戸市兵庫区会下山町3丁目16-1)  ICT Room

6.その他

  本校への取材の際には、本校教頭までご連絡をお願いします。