神戸市-KOBE-


神戸大学武道場(艱貞堂・かんていどう)で火災予防訓練を実施します

記者資料提供(平成29年1月23日)
神戸市灘消防署消防防災課  担当:河井・藤本
TEL:078-802-0119
E-MAILfb_nada:@office.city.kobe.lg.jp

神戸大学武道場(艱貞堂・かんていどう)で火災予防訓練を実施します

文化財防火デーに伴う訓練を、国登録有形文化財でありながら現役で活躍する武道場で行います。

1 趣旨

1月26日は、法隆寺金堂壁画が焼損した日(昭和24年)に当たり、この日を「文化財防火デー」と定め、全国的に文化財防火運動を展開し、国民一般の文化財愛護思想の高揚を図るものです。また、消防隊・消防団・大学生が連携した活動を行うことにより、市民の方々の防火意識の向上、文化財防火を広く啓発することを目的としています。

2 実施日時

平成29年1月24日(火) 10時30分〜11時00分
※小雨決行(中止の決定は当日午前8時に行います)

3 実施場所

神戸大学武道場(艱貞堂・かんていどう) 神戸市灘区六甲台町2-1

4 訓練参加機関

(1) 神戸大学学生(約15名)
(2) 灘消防署及び灘消防団(約20名)

5 訓練内容

(1) 部活動中に出火した想定で、学生が道着・防具等を身につけたまま、通報・避難・誘導・初期消火・救助の初動時の各訓練を行います。
(2) 通報により駆けつけた灘消防署員及び灘消防団員が、救助訓練・一斉放水訓練を行います。

6 参考

神戸大学武道場(艱貞堂)神戸大学武道場(艱貞堂・かんていどう) 
旧神戸商業大学道場として昭和10年建設。木造平屋建て、入母屋屋根桟瓦葺き。
国登録有形文化財:平成24年8月13日