神戸市-KOBE-


未来をつなぐ「終活」セミナー

記者資料提供(平成29年1月23日)
垂水区社会福祉協議会・垂水区ボランティアセンター 松木・足立
TEL:078-708-5151(内線416)
FAX:078-709-1332
E-mail:info@tarumi-csw.or.jp

未来をつなぐ「終活」セミナー

(赤い羽根共同募金事業70周年記念イベント)

少子高齢化が進行しており、今後も高齢者の割合が増加していく社会では「老い支度」講座のような学習機会が重要ではないかといった声をよく耳にします。
生前の元気な判断力がある内に、これまでの人生を振り返り、後世へのメッセージや財産を残す積極的な終活に取り組んでいただく地域住民を増やすことは、これから必要だと考えています。
「エンディングノートを書こうかな?」「自分自身の財産の一部を地域活動などに寄付しようかな?」といった思いを大切にし、少しずつでも意思を後世に残していこうとする地域住民の背中を押す支援セミナーを開催します。
「ご自身が亡くなられた後のこと」という関心の高まっている内容を事例を交えて説明し、参加された方に「楽しかった」「分かりやすかった」という満足感を生みたいと考えています。

1.日時

平成29年2月3日(金曜)13時30分〜16時30分

2.場所

垂水勤労市民センター レバンテホール

3.参加費

無料

4.対象

原則として垂水区民(特に一般シニア層)
 ※情報発信の要として、高齢者見守りを行う友愛訪問活動ボランティア活動者の研修としても開催

5.セミナー内容

主な講演内容・講師

●相続や遺贈に関する手続き方法、税務上の課題
   税理士 高橋信雄/浜口祐介 
●老後の「生活全般」、葬儀やお墓
   NPO法人 はんしん高齢者くらしの相談室
   理事長 谷口昌良
●遺贈寄付の課題や世間のイメージと相異する点の紹介
   公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団 代表理事 兼
   認定NPO法人 市民活動センター神戸 理事・事務局長  実吉 威
●遺贈寄付相談支援窓口の紹介、垂水区の高齢者の現状
   垂水区社会福祉協議会
   事務局部長 露本 康裕/事業課長 松木 かおり

セミナー協力者

●資金集めの一つの手法である「遺贈寄付」について
    認定NPO法人 しみん基金・KOBE事務局長 兼
    日本ファンドレイジング協会 認定ファンドレイザー
    江口 聰

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。