神戸市-KOBE-


市民の命を救い、歴史ある文化財の建物を守れ!

記者資料提供(平成29年1月11日)
消防局中央消防署消防防災課消防第1係 担当者名 森岡、佐藤
TEL:078-241-0119 内線:94-503-29
E-MAIL:koichi_sato2@office.city.kobe.lg.jp

第63回文化財防火デーに伴う消防広報訓練

市民の命を救い、歴史ある文化財の建物を守れ!

-旧神戸居留地で消防訓練を行います。-

1 目的

 明治14年(1881年)から10年間、アメリカ領事館として使用され、現在は国の重要文化財に指定されている旧神戸居留地の象徴的な建築物「旧神戸居留地十五番館」において、文化財を火災から守り、文化財愛護に関する意識の高揚を図ることを目的として消防訓練を実施します。

2 日時

  平成29年1月16日(月曜)9時30分から10時
   (小雨決行、大雨等により中止する場合は8時に決定します。)

3 場所

  神戸市中央区浪花町15「旧神戸居留地十五番館及び15番館ビル」

4 参加機関

 (1)旧神戸居留地十五番館60名
 (2)旧居留地連絡協議会10名
 (3)神戸市中央消防署3台25名
 (4)神戸市中央消防団15名
                     計 消防車3台、参加者110名

5 訓練想定

 旧神戸居留地十五番館南西側の屋外から出火、西側に隣接する新館へ延焼危険があり、レストラン内に利用客が取り残されているという想定で訓練を実施する。

6 訓練内容

 (1) 自衛消防隊(旧神戸居留地十五番館)による119番通報・初期消火・避難誘導訓練
 (2) 消防隊による救出訓練
 (3) 消防隊及び消防団の連携による放水訓練

写真は平成11年に同場所で行った訓練風景
写真は平成11年に同場所で行った訓練風景(建物所有者:(株)ノザワ)