神戸市-KOBE-


神戸市外国語大学創立70周年の記念事業を終えて

記者資料提供(平成29年1月11日)
公立大学法人神戸市外国語大学 経営企画グループ企画広報班 木原・鷲尾
TEL:078-794-8106  FAX:078-792-9020 E-mail:announce@office.kobe-cufs.ac.jp

神戸市外国語大学創立70周年の記念事業を終えて

 2016年は、神戸市外国語大学の前身の神戸外事専門学校が設立されて70周年の節目の年でした。終戦翌年の1946年6月、戦後の混乱期に「外国語を学ぶ」環境を整え(神戸市外国語大学に改称・昇格したのは1949年)、「行動する国際人」を育成することを使命として、実業界をはじめ、教育・研究の分野など、各界に輩出した2万人を超える卒業生が活躍しています。
 記念事業として、11月に日本で初めて開催した「模擬国連世界大会」など、外国語教育や国際理解教育の活動、また市教育委員会や地域と連携した活動、あるいは自主運営催事としてさまざまなセミナーなどを行ってまいりました。
 12月には、創立直後に始まり67回を数えた「語劇祭」(12月3・4日)や、駐日スペイン大使を招いての講演会(12月5日)など、「神戸市外大ならでは」の大きなイベントがありました。「語劇祭」は、学内の5劇団の、英語・ロシア語・中国語・イスパニア語(スペイン語)による、本格的な舞台演劇です。語学の知識や翻訳の技術のみならず、文学や舞台芸術の理解から生まれた高度な上演を、会場の神戸アートビレッジセンターで多くの観客が楽しみました。
 節目の年をさまざまな催しで彩った神戸市外国語大学は、新たな出発となる2017年も、歴史ある神戸市の外国語教育機関として、学生、市民のみなさんへの教育や研究成果の還元を行ってまいります。

スペインの現代劇作家アレハンドロ・カソナの代表作「立ち枯れ」を演じて最優秀賞を得たイスパニア語劇団(写真)
スペインの現代劇作家アレハンドロ・カソナの代表作「立ち枯れ」を演じて最優秀賞を得たイスパニア語劇団。主演女優は「動きや表現など工夫するところがたくさんあり、役柄は自分ひとりではなくみんなで作り上げたもの」と語りました。

〇お問い合わせ

2017年の計画などについて取材ご希望の方は、下記までご連絡ください。
経営企画グループ企画広報班 電話:078-794-8106 FAX:078-792-9020