神戸市-KOBE-


六甲山の間伐材を使って自分だけのカレー皿・アクセサリーをつくろう

記者資料提供(平成29年1月6日)
(公財)神戸市公園緑化協会 公園緑地課 担当:青木・小野
TEL:078-795-5656
E-mail:rokko@kobe-park.or.jp

1月22日(日曜) 第2回KOBE須磨きらくえん「青空市」開催 @KOBE須磨きらくえん

六甲山の間伐材を使って自分だけのカレー皿・アクセサリーをつくろう

この度、当協会の取り組む、六甲山の手入れから発生した材の活用を考える「Kobeもりの木プロジェクト」は、社会福祉法人きらくえんの取り組む「きらくえん 地域+価値共有 プログラム」と連携して、きらくえん「青空市」にて六甲山材を使ったカレー皿・アクセサリーづくりのワークショップを開催いたします。
2回目となる今回は、「SUMAあそBOSAI まなBOSAI」(※1)とも連携し、地域防災についても考えます。

■イベント概要

《日時・場所》

平成29年1月22日(日曜)11時〜16時
KOBE須磨きらくえん 兵庫県神戸市須磨区車字菅ノ池1351-14
電話:078-747-3001

《アクセサリーづくりワークショプ》

アクセサリーづくりワークショプ時間:11時〜16時
参加費:500円/人(六甲山もりづくり基金に役立てさせていただきます)
申込:事前申込不要。随時現地でお申込み下さい。
※材料が無くなり次第終了となります。

《カレー皿づくりワークショプ》

カレー皿づくりワークショプ時間:12時〜14時30分(2時間半)
参加費:2,500円/人(六甲山もりづくり基金に役立てさせていただきます)
申込:事前予約制 20名
予約方法:下記“神戸スマイルプロジェクト”予約申込ページより
http://kobesmilepj.com/event/20170122event

《神戸芸工大×Kobeもりの木プロジェクト ワークショップ》

時間:11時〜15時
参加費・申込:当日案内・予約制
内容:Kobeもりの木プロジェクトと連携し六甲山材の活用を進めている芸工大生による、ワークショップ。六甲山材を使ったドアベル、たまごポット、箸など。

《六甲山の現状を伝える》

ワークショップ参加者に向け、「何故、六甲山材を使ったワークショップをするのか」を知っていただく為に、六甲山の森の手入れの必要性を、現状写真、イラストでお伝えし、六甲山のことを知ってもらう時間を作ります。
〔資料:写真〕平成26年の土砂災害、神戸市北区

六甲山の現状を伝える

六甲山の現状を伝える

六甲山の現状を伝える

《イベントの主催》

主催:社会福祉法人きらくえん
共催:Kobeもりの木プロジェクト、神戸スマイルプロジェクト、株式会社 Sion
協力:シェアウッズ、miyazonospoon、有限会社knot、景アート、公益財団法人神戸市公園緑化協会
後援:神戸市

《青空市 模擬店》

青空市では六甲山材のワークショップブース以外にも、神戸、六甲山、自然、食を感じる販売ブースや体験ブースの模擬店があり、多くの方が楽しめるようになっております。
 
※1 「SUMAあそBOSAI まなBOSAI」
須磨の海側で行われている防災イベント。防災を地域に向けて楽しく伝え、いざという時の備えを行う市民主導の防災訓練。災害時、海と山を繋ぐことを念頭に置き、山側との提携を基に、須磨区全体の防災交流を市民レベルで進める活動。

■きらくえんの取り組みについて

【概要】

法人名:社会福祉法人 きらくえん
所在地:〒651-0096 神戸市中央区雲井通4−2−2 マークラーKOBEビル10階
ホームページ:http://www.kirakuen.or.jp
 
創立33 周年。尼崎市、芦屋市、朝来市、神戸市において特別養護老人ホームを中心に、ケアハウスやグループホームなど多岐にわたる在宅福祉サービスを提供しています。
理念は “ノーマライゼーション(※2)”。また、福祉事業は公共的な仕事であることから、地域の社会資源として地域に根ざし、地域と共に、との思いを込め、地域に開かれた「民主的運営」を第二の方針としています。

【取り組み】

「KOBE 須磨きらくえん」では、子ども・若者・シニア・障がいのある人、すべての人々が交流できる多世代共生の場 “ノーマライゼーションヴィレッジ ” にしていく構想があります。その一環として、地域市民の方が 気軽に立ち寄れるように「青空市」を開催しています。その中で、カレー皿やスプーンを「六甲山材(六甲山の間伐材)」で作るワークショップを“ KOBE もりの木プロジェクト※” と共同で進め、六甲山を守るため、森の木のことを伝えて参ります。

【六甲山材のカレー皿・スプーン】

「KOBE 須磨きらくえん」では、どなたでもご利用できる建物内のカフェにて、多世代に愛される神戸伝統の洋食カレーライス(元オリエンタルホテルのシェフ達による再現)の提供を開始しております。青空市でのワークショップに加えて、今後「六甲山材カレー皿・スプーン」を使用してのカレーライス提供や、店舗での販売も検討して参ります。
 
※2 ノーマライゼーション:
きらくえんの理念。どんなに重い障がいがあっても、すべての人が「地域の中で一人の生活者としての暮らしを築く」ことを実現する活動。

■お問い合わせ先

(公財)神戸市公園緑化協会公園緑地課
担当:青木、小野
電話:078-795-5656
 
社会福祉法人きらくえん
広報担当:松本
電話:078-242-7575

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。