神戸市-KOBE-


不思議な植物シモバシラがつくる氷の花

記者資料提供(平成29年1月5日)
神戸市立森林植物園
指定管理者 (公財)神戸市公園緑化協会 担当者:白山、南里
TEL:078-591-0253 FAX:078-594-2324
ホームページ http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

神戸市立森林植物園

不思議な植物シモバシラがつくる氷の花

シモバシラ寒い朝、不思議な氷の花に出会うことがあります。これはシモバシラという植物にできた氷の結晶です。

シモバシラシモバシラはシソ科の多年草で日本固有の植物です。9月の初め頃、白い花をつけます。この花もなかなかユニークです。
 
この植物に氷の結晶ができるのは、冬に茎が枯れても根が活動を続けていて、茎の道管に水を吸い上げ続けます。それが氷点下の冬の寒さに遭うと凍りつき氷柱をつくります。シモバシラ(霜柱)の名前はこの現象に由来しています。
 
最低気温が氷点下まで下がる日の早い時間帯にその姿をご覧ください。なお午後にはとけてしまうことがあります。

シモバシラ

お問い合わせ先:市立森林植物園
〒651-1102神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
TEL:078-591-0253 FAX:078-594-2324
開園時間:9時〜17時(入園は16時半まで)
入園料:大人300円 小中学生150円
アクセス:「電車と送迎バス」神戸電鉄「北鈴蘭台」駅より定時無料送迎バスあり
有料駐車場(普通車500円、バス2,000円) 
休園日:毎週水曜日(休日と重なった場合は翌日)