神戸市-KOBE-


特別展「パリに生きる パリを描くーM氏秘蔵コレクションによるー」の開催

記者資料提供(平成28年11月17日)
教育委員会事務局
博物館 小磯記念美術館(担当・廣田、高橋)
TEL:078-857-5880

特別展「パリに生きる パリを描くーM氏秘蔵コレクションによるー」の開催

◆特別展「パリに生きる パリを描く―M氏秘蔵コレクションによる―」の内容◆

藤田嗣治、佐伯祐三、荻須高徳、小磯良平ら、パリに憧れ、パリを描いた画家たちの作品を展覧します。
関西在住のM氏は約30年間にわたり、パリを描いた日本人画家の作品を集め、珠玉のコレクションを形成されました。本展は、エコール・ド・パリを代表する藤田嗣治をはじめ、児島虎次郎、梅原龍三郎、安井曾太郎、佐伯祐三、荻須高徳、小磯良平、鴨居玲など、パリに憧れ、パリに渡った洋画家たちの足跡と果たした役割を検証するもので、笠岡市立竹喬美術館、稲沢市荻須記念美術館、神戸市立小磯記念美術館の3館による共同企画です。まとまっての公開は初となるM氏秘蔵コレクション70点を中心に、3館の所蔵品を加えた計100点の作品と資料を紹介します。個性豊かな日本人画家たちが、パリで描いた作品群を楽しんでいただくとともに、エトランゼとして異郷で奮闘した彼らの憧れと熱意をぜひ会場で感じていただければ幸いです。

※同時開催 「小磯良平作品選4―油彩―」
小磯良平の初期から晩年までの油彩作品約30点を展示し、小磯良平の画業をたどります。

◆会場、会期等◆

会場:神戸市立小磯記念美術館
〒658‐0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7
電話:078‐857‐5880 *六甲ライナー「アイランド北口」駅下車すぐ
http://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/ 
会期:平成28年12月17日(土曜)〜平成29年2月19日(日曜)
休 館 日:月曜日〔ただし1月9日(月曜・祝日)は開館〕、年末年始(12月29日〜1月3日)、1月10日(火曜)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
入館料:一般800(600)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
※(  )内は30名以上の団体
※神戸市老人福祉手帳(すこやかカード)持参の方は400円
※のびのびパスポート、障がい者手帳など持参の方は無料

◆主催◆ 

神戸市立小磯記念美術館、笠岡市立竹喬美術館、稲沢市荻須記念美術館、神戸新聞社

◆後援◆

NHK神戸放送局、神戸新交通株式会社、サンテレビジョン、ラジオ関西

◆助成◆

一般財団法人地域創造

◆おもな展示作品◆

《パリの坂道》佐伯祐三《パリの坂道》1927年 油彩

《巴里風景》小磯良平《巴里風景》1960年頃 油彩

《市場》児島虎次郎《市場》1910-12年頃 油彩

《パリ−風景》鴨居玲《パリ−風景》1968年 油彩

◆会期中のイベント◆

○関連講座
「小磯良平、荻須高徳とフランス」
講師:廣田 生馬(当館学芸員)
日時:1月9日(月曜・祝日)午後2時〜3時
場所:当館2階絵画学習室
定員:80名  聴講無料 ※入館料が必要です。
○関連講座
「1920年代のパリ・モンパルナス」
講師:高橋 佳苗(当館学芸員)
日時:2月5日(日曜)午後2時〜3時
場所:当館2階絵画学習室
定員:80名  聴講無料 ※入館料が必要です。
○特別展解説会
毎週土曜日の午後2時〜(30分程度) 当館2階絵画学習室にて
※1月14日、2月11日を除く
○子供のための美術講座
美術館大作戦8「作品の中に入ってみたら」
1.日時:1月14日(土曜)14時〜16時30分
対象:4歳〜小・中学生(大人同伴可)
定員:20名(事前申込み)
締切:1月4日(水曜)消印有効
2.日時:2月11日(土曜)14時〜16時30分
対象:4歳〜小・中学生(大人同伴可)
定員:20名(事前申込み)
締切:2月1日(水曜)消印有効
○小磯記念美術館マンスリーコンサート
日時:12月18日、1月15日、2月19日(いずれも日曜)午後2時〜(1時間程度)
※コンサートは申込不要・無料ですが、入館料が必要です。
※コンサートは毎月第三日曜日、午後2時から開催しています。

◆記者説明会◆

12月16日(金曜) 午前11時〜 当館会議室にて

◆開会式◆

12月16日(金曜) 午後2時〜 (受付:午後1時30分〜)
 *報道関係の方と、事前に招待された方のみ参加いただけます。