神戸市-KOBE-


神戸のイチオシ技術力「神戸発・優れた技術」の平成28年度認定企業を決定

記者資料提供(平成28年11月1日)
(公財)神戸市産業振興財団 経営支援部 商業・ものづくり支援部 ものづくり支援課 内藤・柿並
TEL:078-360-3209  http://suguretagijutsu.kobe-ipc.or.jp/(「お問い合わせ」フォームへお願いします)

神戸のイチオシ技術力「神戸発・優れた技術」の平成28年度認定企業を決定

11月11日(金)に認定証授与式を開催します

1.趣旨

 公益財団法人神戸市産業振興財団による「神戸発・優れた技術」(神戸市内の中小製造業のうち国内トップレベルにある優れた技術を持つ企業を認定する制度)の平成28年度認定企業を下記の14社(新規5社,更新9社)に決定し,「認定証授与式」を本年11月11日(金)に神戸市役所1号館14階大会議室で開催しますので,お知らせいたします。

2.平成28年度認定企業  計14社〈詳細は別紙1参照〉

(1) 新規認定企業(5社)
上村航機株式会社,株式会社オオナガ,慧通信技術工業株式会社,マヤ工業株式会社,山名總鉄酸素株式会社

(2) 更新認定企業(平成17年度初回認定)(9社)
株式会社OKAMURA,株式会社奥谷金網製作所,オリエンタル鍍金株式会社,株式会社協同病理,旭光電機株式会社,近畿工業株式会社,ジュピター電算機システム株式会社,阪神機器株式会社,株式会社村元工作所
(参考)平成28年10月31日現在の認定企業:104社(下記ホームページに掲載しています。)
http://suguretagijutsu.kobe-ipc.or.jp/search.asp

3.認定証授与式

【日時】平成28年11月11日(金曜)15時30分〜16時15分(終了予定)
【場所】神戸市役所1号館14階大会議室
【出席者】神戸発・優れた技術認定企業 (新規認定5社,更新認定9社及び全認定企業)
【来賓】
(一社)神戸市機械金属工業会会長 藤浪 芳子 氏
神戸発・優れた技術認定企業交流会会長 岡本 圭司 氏
神戸市長 久元 喜造 氏
神戸市経済観光局長 山本 猛 氏
【次第】
神戸市産業振興財団理事長(森脇 俊道)挨拶
来賓紹介
平成28年度認定企業の紹介及び認定証授与
神戸市長祝辞
記念写真撮影
【主催】公益財団法人神戸市産業振興財団
【その他】授与式終了後,17時30分(終了予定)まで,下記の「記念講演会」を行います。
講師:UHT株式会社 代表取締役社長 松本 芙未晃 氏
演題:「町の金型屋,世界へ〜脱・下請けのストーリー〜」

4.取材希望の連絡

優れた技術エンブレム取材を希望される場合は,平成28年11月10日(木曜)17時までに,下記へご連絡ください。
(公財)神戸市産業振興財団商業・ものづくり支援部ものづくり支援課
電話:078-360-3209 FAX:078-360-1419

(参考)
◆ 「神戸発・優れた技術」とは◆ http://suguretagijutsu.kobe-ipc.or.jp/
 (公財)神戸市産業振興財団は,平成9年度より,優れた技術や製品づくりの高度な技術を持つ神戸市内の中小製造業を「神戸発・優れた技術」として認定し,ホームページや冊子を通じて全国に発信する事業を行っています。認定された企業には,ビジネスマッチング,展示会への推薦等の販路開拓・拡大,人材育成に関するセミナーへの参加,経営や技術に関する情報提供など,様々なメニューでその発展を支援しています。
 また,人材確保・育成等の課題解決を目的に認定企業が自主的に創設された交流会による活発な活動も行われており,神戸市産業振興財団は事務局としてその活動を支援しています。

◇対象企業◇
1.市内に本社または事業所を有し,1年以上事業を営む中小企業。中小企業とは中小企業基本法第2条に規定する中小企業者をいう。ただし,みなし大企業は除く。
2.総務省「日本標準産業分類」の製造業及び製造業にかかる情報サービス業等。ただし,一部の製造業は対象外とする。(機械金属・電気・工業用ゴム・プラスチック・化学・紙・パルプ製造業及び製造業にかかるCAD-CAM・機械制御用ソフト開発等を行う情報サービス業等)
3.国内トップレベルにある「優れた技術」を持つ企業

◇認定にあたっての審査基準◇
1.得意技術・独自技術分野等で国内トップレベルの高い技術を有している。又は,地域の特長・特殊性・強み等を活かした技術が高いレベルである。
2.前項を適用・応用した製品の機能・性能・品質等が優れている。
3.ISO9001の認証取得や技能検定資格者等を有し,品質管理に優れ,そのマネジメントシステムが有効に機能している。
4.その製品が全国的に高いシェアを占めている。
5.確立された企業理念をもって,持続的企業経営を行っている。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。