神戸市-KOBE-


「開港150年を契機とした、みなと神戸の顔「メリケンパーク」の活性化事業」

記者資料提供(平成28年8月2日)
企画調整局政策企画部政策調査課 瀬合、権代          TEL:078-322-6964 内線2334
みなと総局みなと振興部振興課 加納、出口            TEL:078-322-0237 内線5424
みなと総局技術部計画課 山本、白波瀬               TEL:078-322-2679 内線5512

「企業版ふるさと納税」活用事業計画が認定されました

「開港150年を契機とした、みなと神戸の顔「メリケンパーク」の活性化事業」

〜神戸市の地方創生事業を応援してください〜

 平成28年度税制改正において新たに企業版ふるさと納税制度(※)が創設され、制度開始後の1回目の認定申請受付に際し、神戸市より1事業の申請を行っておりましたが、本日、内閣総理大臣の認定を受けましたので、お知らせいたします。
 本日より、下記要領にて事業への寄附の申出を受付いたしますので、神戸市の地方創生事業への応援を宜しくお願いいたします。

※地方公共団体が企画立案した「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に対して企業が寄附を行った場合、企業は現行制度を上回る税負担の軽減効果を享受することができるという制度。


(1)事業の名称

開港150年を契機とした、みなと神戸の顔「メリケンパーク」の活性化事業

(2)事業の概要

 神戸開港150年に合わせて、再整備計画が進行中のメリケンパークにおいて、神戸港観光の中心地としてそのポテンシャルを更に引き出すために、ライトアップ環境整備による夜間景観の更なる向上や桜並木の整備、ステージの改修といった、空間を演出するハード整備を行う。これに加えて、新たに演出された空間を活用した神戸の特色ある各種イベント(神戸から日本に入り、今の生活文化として根付いた「食」を体感できるイベントや、神戸港への大型帆船の誘致等)を実施し、新たな「みなと神戸」を感じられる神戸港観光の起爆剤とする。これにより、直接的に観光入込客数を増やして創生戦略における基本目標の達成の後押しを図ると共に、今後のメリケンパークの賑わいづくりを更に促進する。
 【事業内容】
  (ハード分野)メリケンパーク空間演出整備 
          (ライトアップ環境整備、桜並木整備、ステージ改修等)
  (ソフト分野)帆船フェスティバル、秋の「食」イベント
          (神戸開港150年記念事業)
 【事業費】
  ※105,000千円  平成28年度 45,000千円
              平成29年度 60,000千円          
  ※上記記載のうち、ソフト分野の費用に関しては、神戸市も参画する事業主体(実行委員会)の概算経費
 【事業期間】 平成28年8月〜平成29年12月

(3)事業への寄附の申出について

 「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に対する寄附の申し出について」(寄附申出書)をご提出いただきます。下記、問い合わせ先又は、URLより入手頂き、必要事項(寄附金額、対象事業)を記入のうえ、事業担当部局までご提出ください。なお、当事業への申出書の提出は、平成29年度末まで受付させていただきます。

(4)問い合わせ先

<窓口担当> 「企業ふるさと納税」制度について
  企画調整局政策企画部政策調査課 権代、野澤
  電話:078-322-6964 内線2334
<事業担当> 申請事業の内容について
 ハード分野:メリケンパーク空間演出整備について
  みなと総局技術部計画課 白波瀬、濱端
  電話:078-322-2679 内線5512
 ソフト分野:帆船フェスティバル、秋の「食」イベントについて
  みなと総局みなと振興部振興課 出口、足立
  電話:078-322-0237 内線5424