神戸市-KOBE-


地域ICT推進協議会(COPLI)セミナー「ウェアラブルとロボットの拓くミライ」

記者資料提供(平成28年4月22日)
企画調整局創造都市推進部(ICT創造担当) 松崎・長井
TEL:078-322-6462 内線:2365
E-MAIL: ict-sozo@office.city.kobe.lg.jp

地域ICT推進協議会(COPLI)セミナー「ウェアラブルとロボットの拓くミライ」

神戸大学大学院工学研究科教授 塚本 昌彦氏と大阪大学教授(特別教授)石黒 浩氏によるトークセッションの開催

1.開催趣旨

神戸市が参加し、市内を中心とする約100の企業・団体で構成する「地域ICT推進協議会(通称:COPLI)」では、下記のセミナー(トークセッション)を開催します。
今回は、神戸大学大学院工学研究科教授 塚本 昌彦氏と大阪大学教授(特別教授)石黒 浩氏をお迎えして、「ウェアラブルとロボットの拓くミライ 〜人類はほんとうに幸せになれるのか〜」というテーマでトークセッションを繰り広げていただきます。

2.開催概要

 日時:平成28年5月13日(金曜) 16時45分〜18時15分
 会場:ホテルモントレ神戸 2階楼明館〔神戸市中央区下山手通2-11-13〕
 演題:「ウェアラブルとロボットの拓くミライ 〜人類はほんとうに幸せになれるのか〜」
 

塚本昌彦プロフィール写真 講演者:
 (1)塚本 昌彦 氏【モデレーター】
  1964年大阪府生まれ。1987年京都大学工学部数理工学科卒業、
  1989年京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了、シャープ
  株式会社、大阪大学講師、助教授を経て、2004年より神戸大学
  大学院工学研究科教授、現在に至る。
  工学博士。NPOウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事長、
  NPO日本ウェアラブルデバイスユーザー会会長。神戸市ウェア
  ラブルデバイス推進会議座長。
  2001年よりHMDの日常生活での装着を始めて、現在に至るまで
  毎日着用している。ウェアラブルの伝道師として、ウェアラブル
  の未来について数々の予言を行いながら、産業及び民生における
  ウェアラブルの利活用を広めようとしている。

石黒浩プロフィール写真 (2)石黒 浩 氏
  1963年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム
  創成専攻教授(特別教授)・ATR石黒浩特別研究所客員所長
  (ATRフェロー)。工学博士。
  社会で活動できる知的システムを持ったロボットの実現を目指し、
  これまでにヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボット
  であるジェミノイドなど多数のロボットを開発。
  2011年大阪文化賞(大阪府・大阪市)受賞。
  2015年文部科学大臣表彰受賞。
  最先端のロボット研究者として世界的に注目されている。

3.参加費、定員、申し込み方法等について

 ○参加費無料
 ○定員130名(先着順)
 ※申し込み数が定員に達した時点で受付を終了します。
  定員に達した時点以降にお申し込みされ、ご参加いただけない場合のみご連絡いたします。
 ○申し込み方法
 以下のCOPLIホームページより直接お申込みください。
 【申し込み先】
 地域ICT推進協議会(COPLI)事務局
 ホームページ(非会員用) http://www.copli.jp/modules/ccenter/?form=96
 ○申し込みの締め切り
  平成28年5月2日(月曜)

4.その他

 取材をご希望される場合は、神戸市企画調整局創造都市推進部(ICT創造担当)(TEL:078-322-6462)まで事前にご連絡をお願いいたします。
 ※取材用の座席を全体で別途5席まで確保いたします。(上記の申し込みは不要です。)

5.問い合わせ先

 地域ICT推進協議会(COPLI)事務局
 〒653-0037神戸市長田区大橋町5丁目3番1号アスタプラザイースト302
 株式会社ワイズエッグ内
 URL:http//www.copli.jp
 TEL:078-611-7750
 MAIL:jimu@copli.jp

(参考)地域ICT推進協議会(通称:COPLI)

ICT(情報通信技術)の利活用を通じて、兵庫・神戸地域のまちの活性化を図ることを目的とする民・学・産と行政によるコンソーシアム。神戸市や兵庫県が参加し、市内を中心とする約100の企業・団体で構成しており、「地域経済の活性化」や「地域及びそこに住む人たちへの貢献」を基本理念として活動している。
COPLI ホームページ http://www.copli.jp/