神戸市-KOBE-


神戸港の平成27年の港湾統計値がまとまりました

記者資料提供(平成28年3月31日)
みなと総局
みなと振興部振興課 山村,梶山
TEL:078-322-5681 内線:5414
E-MAIL:ptokei@office.city.kobe.lg.jp

神戸港の平成27年の港湾統計値がまとまりました

◆概要◆

神戸港の平成27年(1〜12月)の港湾統計値がまとまりました。

<コンテナ取扱個数>

コンテナ取扱個数は外内貿全体で271万TEU(前年比103.5パーセント)となりました。   
※1TEUは20フィートコンテナ換算個数。
 ・外貿個数
 外貿は212万TEU(同103.1パーセント)となりました。
 地域別では、アジアが165万TEU(同103.4パーセント)と最も多く、北米が32万TEU(同102.0パーセント)、
 ヨーロッパが14万TEU(同103.6パーセント)の順となりました。
 ・内貿個数
 内貿は59万TEU(同104.7パーセント)となりました。
 そのうちフィーダーは33万TEU(同108.5パーセント)、フェリーが17万TEU(同98.2%)でした。

<入港船舶>

 入港船舶は35,074隻(前年比97.9パーセント)、総トン数は18,975万トン(同102.5パーセント)となりました。
 そのうち、外航船が6,903隻(同99.1パーセント)、14,437万トン(同101.3パーセント)、内航船が28,171隻(同97.6パーセント)、4,538万トン(同106.7パーセント)でした。

<総取扱貨物量>

 総取扱貨物量は外内貿全体で9,700万トン(前年比105.0パーセント)となりました。
 外貿貨物は、5,119万トン(同101.8パーセント)となりました。
 そのうち外貿コンテナ貨物は3,717万トン(同104.1パーセント)となりました。
 内貿貨物は4,582万トン(同108.8パーセント)でした。
・輸出貨物
 輸出は2,330万トン(同103.1パーセント)で、地域別ではアジアが1,737万トン(同106.1パーセント)で最も多く、次いで北米が342万トン(同103.5パーセント)、ヨーロッパが92万トン(同91.4パーセント)でした。
・輸入貨物
 輸入は2,789万トン(同100.7パーセント)で、地域別では輸出と同様、アジアが1,651万トン(同100.9パーセント)で最も多く、北米が647万トン(同100.4パーセント)、オセアニアが243万トン(同93.7パーセント)の順となりました。
・内貿貨物
 内貿貨物のうちフィーダーは406万トン(同113.2パーセント)、フェリーが2,783万トン(同115.8パーセント)でした。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。