神戸市-KOBE-


平成28年度神戸市エレベーター防災対策改修補助事業の受付をはじめます

記者資料提供(平成28年3月30日)
住宅都市局建築指導部建築安全課 金本・平田・黒川
TEL:078-322-5612 内線:5131
E-MAIL:kentikuanzen@office.city.kobe.lg.jp

平成28年度神戸市エレベーター防災対策改修補助事業の受付をはじめます

 神戸市では、民間が所有する現行の安全基準に適合していない既存のエレベーターに対し補助を行うことにより、防災対策改修を促進し、市民の安全・安心を確保する取組みを進めています。

1.制度の概要

(1)エレベーターの防災対策(補助対象)
 下記のエレベーターの防災対策改修工事(エレベーターを新たに設置・更新する工事ではないこと)であって、改修の結果、すべての防災対策について安全基準を満たすこと。(ただし、神戸市が補助をする年度内に改修工事が完了すること。)
・P波感知型地震時管制運転装置の設置
 地震による閉じ込め事故を防止するため、本震(S波)の前に到達する初期微動(P波)を感知してエレベーターを最寄り階に自動的に停止させる装置を設置すること。
・主要機器の耐震補強措置
 滑車からのロープのはずれ防止、ロープ等の絡まり防止、装置の転倒防止等の措置をすること。
・釣合おもりの脱落防止対策
 釣合おもりが地震時におもり枠から脱落することを防止する対策をとること。
・主要な支持部分の構造に係る措置
 レールや支持梁などエレベーターの重量を支える部分が地震に対しても安全な強度とすること。
・戸開走行保護装置の設置
 挟まれ事故を防止するために、扉が開いたまま動き出した場合に通常とは別系統のブレーキ等でエレベーターを停止させる装置を設置すること。

(2)補助対象となる建築物
下記のすべてに該当する神戸市内の建築物が対象となります。
・共同住宅(住宅の用に供する部分において2以上の区分所有者が存する建築物に限る。以下同じ。)の用途として使用する部分の床面積の合計が1,000平方メートル以上であり、かつ、3階以上の建築物
・長期修繕計画又は維持保全計画が作成された建築物
・建築物本体は、地震に対して安全な構造である建築物
・対象事業に対し,申請台数は一の建築物につき1台であること。
など

(3)補助の対象となる方
 共同住宅の管理組合(4月1日から翌年の3月31日までの期間において,当該補助事業の補助を受けている補助事業者を除く。)
など

(4)補助金の額
 防災対策改修工事に係る経費×23.0%×1/2(59万1千円を限度)
※消費税は補助金の対象外です。

2.受付の開始

 平成28年4月11日(月曜)から開始
※予算の範囲を超えた場合は受付を終了します。

3.その他

 詳しい内容につきましては、下記のホームページをご覧ください。
http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/evhojo/evhojo.html

4.問合せ先・申請先

〒650‐8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号
神戸市住宅都市局建築指導部建築安全課指導係(市役所2号館1階)
TEL :078−322−5612(直通)
FAX :078−322−6116
E-Mail:kentikuanzen @office.city.kobe.lg.jp

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。