神戸市-KOBE-


三宮中央通り(地下通路)における双方向型電子情報板の設置について

記者資料提供(平成28年3月28日)
住宅都市局
計画部計画課 担当者名 若林、秋田
TEL:078-322-6934 内線:4551
E-MAIL:kobe-toshin@office.city.kobe.lg.jp

三宮中央通り(地下通路)における双方向型電子情報板の設置について

 神戸市では、平成27年9月3日に神戸の都心の未来の姿[将来ビジョン]を策定しました。
 この将来ビジョンの中の取り組みの一つとして、電話ボックスや自動販売機など、まちなかにある民間の施設を活用して災害時にスムーズに情報発信ができる多言語サインシステムの導入を検討していくことを挙げており、この度、都心部における電子情報板の設置による影響、効果、利用頻度等を測るためのトライアル(実証実験)を実施します。

 なお本事業は、企画調整局政策企画部調整課公民大学連携推進室の「民間提案型事業促進制度」に選定された事業として行うものです。

事業概要

 都心の人が行き交う動線上に電子情報板を設置し、影響、効果、利用頻度等を測るための実証実験を行います。
 平時は市政情報や観光情報、地図情報等を発信します。
 災害時は、災害に関する情報を複数言語により発信します。

 なお、今回設置する電子情報板はタッチパネル式の双方向型であり、利用者の皆さんがパネルに触れることで情報を得られるようになっています。

電子情報板の設置場所

三宮中央通り(地下通路)
(神戸市役所の北、市営地下鉄海岸線 三宮・花時計前駅の西)

実施期間

3月28日(月曜)から5月末まで

運用時間

8時から20時まで

問合せ先

・西日本電信電話株式会社 兵庫支店
  078-326-3411
・神戸市住宅都市局計画部計画課(平成28年4月1日より都心三宮再整備課)
  078-322-6934

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。