神戸市-KOBE-


花時計賞伝達式

記者資料提供(平成28年3月25日)
神戸市灘消防署 豊田・藤田
TEL:078-882-0119 内線:94-502-32
E-MAIL:koichi_fujita@office.city.kobe.lg.jp

花時計賞伝達式

− 保育園職員と父母が協力し人命を救う −

1 功績の概要

 平成28年1月26日(火曜)の10時頃、神戸市灘区青谷町2丁目1-9「青谷愛児園」内において、餅つき大会に参加していた男性(77歳)が急に意識を失い倒れ心肺停止状態となりました。
 その場に居合わせた青谷愛児園職員及び父母が協力し、119番通報を行うとともに、胸骨圧迫を開始し、さらに園に備え付けのAEDを活用し電気ショックを1回実施しました。
 その結果、救急隊到着時には呼吸・脈拍が回復し、現在は後遺症を残すことなく軽快退院されています。
 その場に居合わせた方々の勇気ある迅速な応急手当の実施により、男性の尊い命を救った功績に対し花時計賞の表彰伝達式を行います。

2 日時

 平成28年3月29日(火曜)16時から

3 場所

 神戸市灘消防署(神戸市灘区神ノ木通3丁目6番18号)

4 受賞団体

 社会福祉法人 神戸婦人同情会 青谷愛児園職員一同、父母の会

5 備考

 青谷愛児園職員は、市民救命士資格を取得されており、また胸骨圧迫を担当した保護者は歯科医として救命処置を習得されていたものです。

参考 花時計賞とは

 市長が、市民の行った日常生活における身近な善行その他表彰に値する行為を表彰し、善意を社会に広め、もって、しあわせなくらしをつくる一助とすることを目的とする市民表彰です。