神戸市-KOBE-


西部処理場においてエコ発電開始

facebook

記者資料提供(平成28年3月24日)
建設局下水道部工務課 栗田・山本 TEL:078-322-5456
建設局下水道部保全課 岡崎・芝山 TEL:078-322-5462
建設局中央水環境センター施設課 阪口・平田 TEL:078-641-2400

西部処理場においてエコ発電開始

〜消化ガス発電設備の供用開始〜

 神戸市では下水処理の過程で発生する消化ガスを「こうべバイオガス」へ高度に精製することにより有効利用に取り組んできました。
 今回、西部処理場において、「こうべバイオガス」を用いて発電と熱の供給を行う消化ガス発電設備が完成し、3月24日から供用を開始します。
 枯渇しない再生可能エネルギーであるバイオガスを活用することにより、資源の有効活用、低炭素・循環型社会の構築に貢献します。

◆概要

 本発電設備は、年間 4,600千 kWhの発電(一般家庭1,200世帯相当)を行い、処理場内で使用します。この電力は処理場の電力消費の3割に相当し、処理場の買電電力量を抑制します。
 また、発電時に発生する熱については、消化ガスを発生する消化タンクの加温に用います。

西部処理場

<参 考>

発 電 規 模600kW (25kW/台 × 24台)
発電電力量約4,600 千kWh/ 年 (一般家庭の約1,200世帯相当) *1
(西部処理場使用電力量の約3割に相当)
熱供給能力928kW (38.7kW/台 × 24台) (一般家庭の1,600世帯相当) *2
効      率発電効率:33%、熱効率:51%、総合効率:84%
CO2排出削減量約2,400 t-CO2/ 年
外観写真

*1 一世帯当たりの年間消費電力量を3,600kWhと想定
*2 一世帯当たりの年間消費都市ガス量を400m3(45MJ/ m3)と想定

◆その他のこうべバイオガス利活用

こうべバイオガスの利活用

こうべバイオガスの利活用

こうべバイオガスの利活用

こうべバイオガスの利活用