神戸市-KOBE-


「小磯良平作品選1」、「新聞連載小説挿絵原画「適齢期」(二)」、コレクション企画展示「絵画の中の“和”」の開催

記者資料提供(平成28年3月23日)
教育委員会事務局
博物館 小磯記念美術館 担当:廣田・高橋
TEL:078-857-5880

「小磯良平作品選1」、「新聞連載小説挿絵原画「適齢期」(二)」、コレクション企画展示「絵画の中の“和”」の開催

◆展覧会の内容◆

【展示室1】「小磯良平作品選1-油彩-」(34点)
 当館で収蔵する小磯良平の油彩画34点をほぼ年代順に展示します。
【展示室2】「新聞連載小説挿絵原画「適齢期」(二)」(88点・前期と後期で全作品展示替)
修復を終え、初公開となる「適齢期」の挿絵原画を紹介します。昭和41(1966)年11月14日から翌年9月11日にかけて神戸新聞夕刊に連載された、神戸ゆかりの作家・白川渥執筆の連載小説の、小磯良平による挿絵原画シリーズ第2弾です。巧みな筆致で人物や風俗をとらえた挿絵には、昭和の懐かしさが漂います。
【展示室3】「コレクション企画展示 絵画の中の“和”」(82点・一部展示替あり)
今回のコレクション企画展示では、舞妓、大原女、白川女など、和装の人物像から、神社などを描いた風景画まで、小磯良平の“和”を感じさせる絵画を紹介します。日本的なものをテーマにした作品にも、やはり小磯らしいモダンでハイカラな雰囲気が漂っています。卓越したその芸術世界をお楽しみください。

青衣の女小磯良平《青衣の女》 1929年
油彩・キャンバス 73.0×60.0cm

着物の女小磯良平《着物の女》 1936年
油彩・キャンバス 90.9×72.7cm

淡路イザナギ神宮小磯良平《淡路イザナギ神宮》 1954年
油彩・キャンバス 60.3×80.3cm

適齢期 第69回小磯良平《適齢期》 第69回
1967年
インク・紙 15.9×24.2cm
※初公開

◆会期、会場等◆

会期:平成28年4月16日(土曜)〜7月31日(日曜) 【92日間】
   (6月8日(水曜)より作品が大幅に入れ替わります)
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、6月7日(火曜)、7月19日(火曜)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
主催:神戸市立小磯記念美術館
会場:神戸市立小磯記念美術館 展示室1、2、3

◆入館料◆

大人200円(160円)、高校・大学生150円(120円)、
小学・中学生100円(70円) ※(  )内は団体30名以上 
神戸市老人福祉手帳(すこやかカード)持参の方、のびのびパスポート持参の方無料。
*5月18日(水曜)は国際博物館の日で入館無料。

◆会期中のイベントなど◆

○学芸員と一緒に展覧会を鑑賞するギャラリーツアー:毎週日曜日 午後2時〜(30分間)
○こどものための美術講座(ワークショップ)
美術館大作戦1「『和』(日本らしさ)をさがそう」4月30日(土曜)午後2時〜4時半
【対象:小・中学生20名】 申込締切4月20日
美術館大作戦2「着物の柄をデザインしよう」5月21日(土曜)午後2時〜4時半
【対象:小・中学生20名】 申込締切 5月11日
美術館大作戦3「美術館のひみつ探検隊」6月25日(土曜)午後2時〜4時半
【対象:小・中学生20名】 申込締切 6月15日
美術館大作戦3「美術館のひみつ探検隊」7月30日(土曜)午後2時〜4時半
【対象:小・中学生20名】 申込締切 7月20日
*保護者の方は団体料金で入館可。 ☆詳しくはお問い合わせください。
○アトリエ解説  開館日の午前11時と午後2時から約20分間
 インフォメーションスタッフによる案内(イベント開催時は時間を変更します。)