神戸市-KOBE-


朝原宣治氏・荒川大輔氏による陸上部指導者実技講習会について(案内)

記者資料提供(平成28年3月17日)
教育委員会事務局スポーツ体育課 中村・生野・荒川
TEL:078-322-5803 内線:6471

朝原宣治氏・荒川大輔氏による陸上部指導者実技講習会について(案内)

 一般社団法人 アスリートネットワークの朝原宣治氏と荒川大輔氏が、現役の中学校陸上部員を指導する様を神戸市立中学校の陸上部指導者に見せることで、コオーディネーション理論(※1)に基づく脳と身体(特に体幹)を連関させ、子どもたちがより成長を実感できるトレーニングの指導法を伝える実技講習会を開催いたしますのでご案内いたします。
(※1)コオディネーション能力とは、スタートの合図やボールや相手の動きなどを察知し、どう動くかを素早く判断し的確な動きにつなげていく、動きを調整する能力です。

1.日時

平成28年3月19日(土)10:30〜12:45

2.場所

神戸市立渚中学校 グラウンド (雨天時⇒体育館)

3.主 催

一般社団法人 アスリートネットワーク  神戸市教育委員会事務局

4.協 力

神戸市中学校体育連盟陸上競技部

5.内 容

10時30分から12時00分 実技講習会
(1)NOBY体操 20から25分 <全身のウォーミングアップ&コオーディネーショントレーニング>
(2)動物シリーズ 10分 <体幹トレーニング>
(3)ボール運動 1人  10分 <物を能動的に扱う能力>
           2人組 10分 <物に能動的&受動的に反応し扱う能力>
(4)走るための基本動作 20分<速く走るための動きの意識やコツ>
(5)DASH 10分 <速く走るための意識やコツを使って走る>
(6)ダウン 5分
12時00分から12時45分 意見交換会
軽い軽食をとりながら、講師とともに意見交換会を行います。

 

6.講 師

 朝原 宣治(あさはら のぶはる)氏、1972年生まれ、大阪ガス株式会社所属
アトランタオリンピック100m出場。日本人選手として準決勝に28年ぶりに進出。
オリンピックには4回連続出場。自己最高記録は10秒02の日本歴代3位。
2008年北京オリンピック4×100mリレー、銅メダル獲得。
現在、一般社団法人 アスリートネットワーク副理事長。

 荒川 大輔(あらかわ だいすけ)氏、 1981年生まれ、NOBY T&F CLUB所属
走幅跳び元日本チャンピオン  日本選手権優勝(2007年・2009年・2012年)
世界陸上日本代表(2007年大阪・2009年ベルリン)
2002年静岡国際で日本人9人目の8mジャンパーとなる
自己記録は8m09cm(日本歴代9位)
現在、一般社団法人 アスリートネットワーク理事。