神戸市-KOBE-


神戸医療産業都市における認知症にやさしいまちづくり推進のための連携と協力に関する協定の締結

記者資料提供(平成28年3月15日)
神戸市企画調整局医療産業都市・企業誘致推進本部 企業立地課 垣内・仲宗根
TEL:078-322-6216 内線:2374
E-MAIL:invest[at]office.city.kobe.lg.jp ※メール送信時は、[at]を@に変更してください。

神戸医療産業都市における認知症にやさしいまちづくり推進のための連携と協力に関する協定の締結

〜神戸市・(公財)先端医療振興財団・日本イーライリリー株式会社〜

1.協定の趣旨

 高齢化社会の進展に伴い、認知症高齢者の増加が見込まれる中、認知症高齢者に対する早期診断及びケアの充実は、重要な課題となっています。
 このたび神戸市と、神戸医療産業都市の中核的団体である公益財団法人先端医療振興財団、並びに神戸市内に本社を置き、昨年11月に40周年を迎えた世界的製薬企業である日本イーライリリー株式会社が相互の連携を強化し、認知症にやさしいまちづくりを推進するため「神戸医療産業都市における認知症にやさしいまちづくり推進のための連携と協力に関する協定」を締結いたします。

2.協定の具体的な内容

(1)認知症に関する臨床研究の推進

 日本イーライリリー株式会社が実施する認知症治療薬の治験に対して(公財)先端医療振興財団がその保有する設備、資源を活用し協力する。

(2)認知症に対する理解促進及び意識啓発

 三者共同で認知症に対する市民の理解を促進するために啓発ムービー等を作成するとともに、市民並びに専門家に向けた認知症に関するサイエンスフォーラムを開催する。

(3)認知症に関する海外先進事例の情報提供

 日本イーライリリー株式会社の海外ネットワークを活用し認知症に関する海外都市の先進事例の情報を収集し、神戸市、(公財)先端医療振興財団に対して提供するとともに、共同で勉強会を開催する。

(4)神戸医療産業都市の情報発信

 三者それぞれのネットワークを活用し、本協定による取り組みをはじめ、広く神戸医療産業都市の情報を国内外に発信する。