神戸市-KOBE-


東日本大震災被災地支援「拡大版いちいちバザールwith南京町」の開催

記者資料提供(平成28年3月9日)
神戸市中央区社会福祉協議会 三宅・棚野
TEL:078−232−1447
 E−mail:info@chuou-shakyo.or.jp

東日本大震災被災地支援「拡大版いちいちバザールwith南京町」の開催

1.概要

 東日本大震災から5年目を迎えますが、被災地では今なお厳しい生活を送っている住民がいます。そこで、東北被災地の支援のため「拡大版いちいちバザールwith南京町」として中央区民生委員児童委員協議会と中央区連合婦人会が中心となり、障がい者事業所商品販売や募金活動を行います。集まった募金は、東北被災地に送金し支援に役立てていただきます。

2.日時

  平成28年3月11日(金曜) 11時から16時 

3.場所

  南京町広場

4.主な内容

  

(1) 東北被災地の障がい者事業所商品販売

   岩手、宮城、福島県の障がい者事業所で作られる商品を販売。被災地に継続して商品を発注することで障がい者事業所の支援を行います。
     販売商品例: ポン菓子、ジャム、リンゴジュース、煎餅、缶バッチなど

(2) 中央区内障がい者事業所商品販売

昨年の開催風景  中央区内の障がい者事業所の商品販売を実施し、売上の5%を募金として被災地の支援のため東北の社会福祉協議会に送金します。

(3) ボランティア活動の写真展「東日本とともに」等

  神戸からの支援、被災地でのボランティア活動の写真等を掲示します。

(4) 追悼コンサート

昨年の開催風景   高尾 美智子 氏(視覚障害者)による歌と演奏。開演時間 14時20分
   ※市立盲学校高等部在学中に阪神淡路大震災を体験し、震災復興を願う歌「勇気」を作曲
    (地震発生時間14時46分にあわせて黙祷) 

5.主催および共催

  主催 神戸市中央区社会福祉協議会
  共催 南京町商店街振興組合