神戸市-KOBE-


「第10回神戸市精神障害者バレーボール大会」の開催

記者資料提供(平成28年3月9日)
保健福祉局障害福祉部障害福祉課
(社福)神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター 山崎・大久保
TEL:078-271-5330  FAX:078-271-5367  携帯:090-9098-0689

「第10回神戸市精神障害者バレーボール大会」の開催

神戸市内の精神障害者バレーボールチームが王子体育館に集結。
今年は岩手県で開催される第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」の近畿予選への出場権をかけて、3チームが熱い戦いを繰り広げます。

日時

平成28年3月11日(金曜)  開会式は9時45分から  試合開始は10時10分

場所

神戸市立王子スポーツセンター体育館(灘区青谷町1丁目)

参加チーム

3チーム 36名

主催

神戸市
(社福)神戸市社会福祉協議会

後援

(一社)兵庫県精神科病院協会
神戸市精神障害者社会復帰施設連盟
神戸市精神障害者家族連合会
神戸市教育委員会

協力

神戸家庭婦人バレーボール連盟
神戸女子大学バレーボール部

精神障害者バレーボール 豆知識

・まだまだこれから、発展途上の精神障害者バレーボール
 全国障害者スポーツ大会で実施されている競技種目のうち精神障害者を対象とした種目は、今のところバレーボールだけです。
 バレーボール競技には身体障害・知的障害・精神障害の3部門があります。
 平成13年に第1回全国精神障害者バレーボール大会が開催され、翌年14年から、全国障害者スポーツ大会でオープン競技として実施されました。正式種目となったのは平成20年の大分大会からです。

・ルールは6人制バレーボールとほぼ同じ
 精神障害者バレーボールのネットの高さは通常の6人制より少し低く、2.24メートル。ボールはソフトバレーボールを使用し、女子が常時1名以上出場していなければなりません。